新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン クサラ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

シトロエン クサラ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/01/22)

洗練の度合いを深めた乗り心地に、余裕のパワーをプラス

  • シトロエン クサラ 走り|ニューモデル試乗
  • シトロエン クサラ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
マスクもエンジンも新世代にチェンジ
VWゴルフやオペルアストラ、プジョー306などをライバルとするシトロエンクサラは、2000年秋に本国でマイナーチェンジを行った。1クラス上のエグザンティア後継の新型車、C5と同型の大きなヘッドランプを備えたフロントマスクを手に入れたのが最大の特徴といえる。そのクサラの輸入が開始された。

旧型はハッチバック、ワゴン、クーペの3ボディと、1.6&2Lの直列4気筒エンジンを組み合わせ、6タイプが存在した。その中から新型の一番手として登場したのは、ハッチバック2.0。旧型の2Lはエクスクルーシブという上級グレードだったが、今度の2.0は装備を見直して、価格をリーズナブルにしている。このあと、ブレークと呼ばれるワゴンや1.6Lエンジンが追加される予定とのことだ。
室内&荷室空間
好評のシートはそのまま細部を使いやすく改良
クサラの室内は、このクラスでは平均以上のスペースを備えており、優しく包み込むようなシートのおかげで、トップレベルの快適性をものにしていた。もちろん、新型にもこの良さは受け継がれている。一方インパネは、メタリックや木目調パネルを廃止したほか、前後で離れていたパワーウインドウスイッチをひとまとめにした。

リアシートはヘッドレストの形状を変えて、折り畳むときに外さなくてもすむようにしたことが目立つ。このおかげで、シトロエンの特徴ともいえるクラス最大級のラゲージスペースをより有効に使えることだろう。さらにキーに付いているリモコンスイッチには、リアゲート専用ボタンも用意されており、ドアとは別にロック&アンロックができるようになっている。
  • シトロエン クサラ インパネ|ニューモデル試乗
  • シトロエン クサラ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
余裕あふれるエンジンと、らしさが健在の足回り
もともと1.6Lでも十分走るクサラにトルク重視の2Lエンジンを積み、しかも車両重量は旧型より40kgも軽いのだから、走りにはかなり余力があって、アクセルを床まで踏むことはない。しかも新設計エンジンのおかげで、以前より滑らかで静かになっている。1クラス上を思わせる余裕のあるドライブが楽しめるだろう。

定評のある乗り心地はやや硬め。タイヤが55サイズであることもあって、低速では段差を正直に伝えてくる。でも60km/hぐらいになると、しなやかかつフラットなシトロエンらしさがやはり出てくる。マイナーチェンジによってボディ剛性が高められたこともあって、心地よさは旧型よりかなり上。直進安定性は依然として文句なし。独得のシトロエンらしさは健在だ。
こんな人にオススメ
ボディはそこそこコンパクトでありながら、4人の大人が長時間楽に過ごせる室内と広いラゲージスペースをもち、快適な乗り心地と高次元の直進安定性を備えたクルマ。つまり、2ボックスの形をしたグランドツーリングカーを求めている人にピッタリ。まとまりのあるクルマです。
SPECIFICATIONS
グレード クサラ 2.0
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4190 x 1710 x 1405
ホイールベース(mm) 2540
車両重量(kg) 1180
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1997
最高出力 100kW(137ps)/6000rpm
最大トルク 190N・m(19.8ps)/4100rpm
車両本体価格 249万円
写真:桜井健雄 文:森口将之
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027