新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧M・ベンツ A160Lエレガンス【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

M・ベンツ A160Lエレガンス【プレイバック試乗】 / navi

(2010/02/02)

オリジナルのAクラスよりもゆったりと滑らかな走りに変化

  • M・ベンツ A160Lエレガンス 走り|ニューモデル試乗
  • M・ベンツ A160Lエレガンス 外観|ニューモデル試乗
コンセプト
二重構造シャーシが画期的なM・ベンツ
将来的には床下に動力用バッテリーその他を収納するための先取りで開発された画期的二重構造シャーシがAクラスのキモ。

コンパクトだが床面が高いため、全高の高さを含めた見下ろす視界の広がりが乗ると実にいい。万が一衝突した時もAクラスの乗員は相手側(セダン系の場合)のバンパーレベルよりも高い位置に座っているため衝撃を受けにくいなどのメリットも大きい。

以前は全長が短いゆえの後席の狭さの問題もあったが、今回の全長を170mm延長したことによってそれも解消された。我が家は小さい子供が2人だけなので、これまでのAクラスでも事足りていたが、Aクラスロングのデビューによって、大人でも十分足を伸ばすことができる快適な車へと進化した。
室内&荷室空間
室内空間はまさにAクラス・リムジン
長いホイールベースに長いルーフ、長い後席側ドアを見るとホントに延びたんだなあ、と実感する。ドアを開けるとそこに広がる前後シート間の広さにまずはあ然。こりゃAクラス・リムジンである。座ると足をデーンと投げ出したり組んだりしても前に届かない足元の広々感は、比べちゃいないがSクラスロングといい勝負。まさに後席のためのロング化なのだ。

荷室はオリジナルサイズと変わりない。が分割可倒と脱着可能な後席は前後へのスライドができて、荷室が110mm拡大する。かさばる荷物などを積む場合はこのシートアレンジが生きる。

扱いやすさだけなら断然この“L”だが、デザインのまとまり感はやはりオリジナルのA160のコンパクトさがいいと思う。
  • M・ベンツ A160Lエレガンス リアシート|ニューモデル試乗
  • M・ベンツ A160Lエレガンス インパネ|ニューモデル試乗
ドライブフィール
170mmの延長で直進安定性が向上
ボディサイズの延長の違いは、乗り味、操安性その他すべてに“長さのとおり”に利いた。荒れた路面を走行すると、ピョコピョコと小刻みにピッチングしたり、突き上げ感を受けたオリジナルAクラスに対して、Lのほうはゆったり滑らかにいなす。ホイールベースが長い分だけピッチング方向の変化も少ないため、後席での乗り味はまさにリムジン風。コーナーでもゆったり感がある。

重量の増加はわずか40kgだから1.6Lエンジンのままでも不都合は特に感じない。そりゃ、あれば190Lもいいだろうけど、せっかくのプライスダウンの意味が薄れる。5速オートマチックの滑らかで変速ショックの少ないことや、踏み込んだ際のギア選びとレスポンスの良さは、M・ベンツが年々明らかな進化を続けている証拠。
こんな人にオススメ
まあやっぱり後席に座る人に楽な思い、快適性を与えたいと考えると170mm延長されたロングの存在価値は大きくなる。以前のようなブームは去って落ち着いた感のあるAクラスだが、今回のバリエーション追加で小さな子供がいて、チャイルドシートを使用するようなファミリィ層などの新たなユーザーに向けての展開もできる。
SPECIFICATIONS
グレード A160L エレガンス
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 3785 x 1720 x 1590
ホイールベース(mm) 2595
車両重量(kg) 1160
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒SOHC
総排気量(cc) 1598
最高出力 75kW(102ps)/5250rpm
最大トルク 150N・m(15.3kg-m)/4000rpm
車両本体価格 265万円
写真:桜井健雄 文:桂 伸一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
8
down
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
9
up
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
10
down
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027