新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧M・ベンツ SLK32AMG【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

M・ベンツ SLK32AMG【プレイバック試乗】 / navi

(2010/02/03)

操作に忠実な走りとレスポンスの速いエンジンが痛快

  • M・ベンツ SLK32AMG 走り|ニューモデル試乗
  • M・ベンツ SLK32AMG リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
SLKにAMGチューンのトップモデル登場
手頃なサイズでしかもプレミアムなオープンスポーツとして特に女性からも高い支持を受けるSLKに、トップモデルとしてAMGが加わった。

従来は直4・2.3LコンプレッサーとV6・3.2Lの2モデルだったが、AMGの新世代ユニットであるV6・3.2Lコンプレッサー(要はスーパーチャージャー)を搭載したSLK32AMGがそれ。従来のCクラス系に搭載されていたV8・4.3Lに取って代わるコンパクトクラス用AMGの新世代エンジンは、排気量を抑えて過給器で出力を上げようという点が新しい。ともかく過給効果は強烈で「C43」のパワーもトルクも軽く上回る。

外観もフロント、サイド、リアにスポイラーを装着しAMGチューンとなりスポーツ性を強調しながら過激ではなくむしろ上品な印象。
室内&荷室空間
内装はレザー&ウッドパネルのゴージャス仕様
室内やトランク容量をどうこういうクラスじゃないが、インテリアはAMGらしくレザーとウッドパネルのゴージャス仕様。オープンだからこそファブリックよりも布でホコリや汚れを簡単に拭き取ることのできるレザーのほうが実用面でも優れている。AMGのロゴが入るだけでスポーツ性の高さを感じさせ、300km/hメーターがパフォーマンスの高さを顕示する。ドアを開けるとやはりAMGロゴ入りのステップカバーが輝き、シートバックレストにもロゴは入る。

トランクスペースにはバリオルーフが折り畳み収納されるが、ルーフ格納時でも145Lの容量が確保される。スイッチ一つで約25秒で開閉可能な電動ルーフもチューニングされているか!? と思ったがそれはなし。
  • M・ベンツ SLK32AMG エンジン|ニューモデル試乗
  • M・ベンツ SLK32AMG AMG専用スポーツシート|ニューモデル試乗
ドライブフィール
高速ツーリングカーにも匹敵する安定した走り
走りはそりゃもう目の覚めるような加速感に圧倒される。ともかく下から上まで全域で踏めば即レスポンスのエンジンは気持ちイイ。とはいえ6000rpmが上限とやや回転が低いのは従来の「C43」と同様にスポーツユニットとは呼べない。

2500rpmまでは“ボーッと”野太く、4500rpm以上になるとスーパーチャージャーの“ウォーン”という唸りが聞こえるが、全体的には直6並みに整った滑らかさにさらに手を加え豪快さを増したエンジンだ。

操縦性はオンザレール。特にシャープとかではなく、操作に正確に応えてくれる。安定制御のESPをOFFにすれば旋回加速でもパワーはダイレクトに伝わるが、あくまでも挙動は安定志向なのがメルセデス流。スポーツというよりは高速ツーリングカーといったほうが正解か。
こんな人にオススメ
値段が値段だから誰にでも勧められるシロモノじゃない。速さでいうなら320のほうがまだ手のうちに入る扱いやすさだし、値段もまあ納得価格。ただねAMGは走る曲がる止まる見せる(外観)のすべての性能が高いレベルでまとまっているだけに、高次元の走りにこだわり、しかもオープンでという人にはオススメの選択といえる。
SPECIFICATIONS
グレード SLK32AMG
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4010 x 1745 x 1280
ホイールベース(mm) 2400
車両重量(kg) 1470
乗車定員 2人
エンジン種類 V型6気筒SOHCスーパーチャージャー
総排気量(cc) 3199
最高出力 260kW(353ps)/6100rpm
最大トルク 450N・m(45.9kg-m)/4400rpm
車両本体価格 770万円
写真:桜井健雄 文:桂 伸一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027