新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレー トレイルブレイザー【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

シボレー トレイルブレイザー【プレイバック試乗】 / navi

(2010/02/08)

洗練されたスタイルに似合うオンロード重視の走行性能

  • シボレー トレイルブレイザー 走り|ニューモデル試乗
  • シボレー トレイルブレイザー インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
オンロードでの性能を重視した多目的SUV
トレイルブレイザーはブレイザーの兄貴分としてデビューした全くの新車種。シボレーのラインナップ中ではミドルレンジに属すが、フォードエクスプローラーやランクル100に匹敵する堂々たる大きさだ。

ベースグレードのLT(349万円)と豪華なLTZというグレード構成で、コアなアメ車ファンのニーズに応えて左ハンドルのみを設定する。

エンジンは、新開発オールアルミ4.2L直列6気筒DOHCのVORTEC(ボルテック)エンジンを搭載。ブレーキもABSはもとより制動力を前後輪に適切に配分するEDBまで備えられ強化されている。「強靭さ」「パワー」「安全性」「使い勝手」の4つのテーマを柱に、オフロード性能だけでなくオンロード性能もスポーティと呼べるレベルにまで高められた多目的SUVだ。
室内&荷室空間
武骨な雰囲気を排した洗練された室内空間
インパネ回りをはじめとした内装は優しいラインで構成され、極めてモダンで洗練された印象を与える。SUVにありがちな武骨な雰囲気は微塵も感じさせない。だからといって機能的な部分に抜かりはなく、フロントシートの形状はスポーティで、オンロード走行で大きな横Gがかかるような場面でも不安を感じさせるようなことはなかった。ただ、リアシートの足元はボディサイズから想像するほど広くはない。その分のスペースは荷室容積に割り振られたようで、ラゲージルームは極めて広い。後席を畳めば、相当の長尺物でも楽々と飲み込んでくれる容量をもつ。

LTZでは本革内装や助手席パワーシート、リアシート専用エアコンなどの快適装備が奢られ、いっそう豪華な雰囲気を満喫できる。
  • シボレー トレイルブレイザー エンジン|ニューモデル試乗
  • シボレー トレイルブレイザー ラゲージ|ニューモデル試乗
ドライブフィール
直6エンジンの利点を生かしたスムーズな走り
従来のSUVの乗り味というとトラック的なものを想像してしまうが、トレイルブレイザーの走りは見事なまでにモダンに進化している。

まず、エンジンがウルトラスムーズ。直6エンジン形式のメリットがストレートに表れており、静粛性が高いのに、回しての力強いレスポンスもしっかりある。これならV8でなくても不満はない。

ビルシュタイン製のダンパーを採用したサスペンションは剛性感の高い走りっぷりを披露するが、乗り心地はしなやか。適度なロールは許すが抑えはしっかり、というタイプだ。コーナーでのフットワークも良いが、クルージングの快適さも忘れてならないのがアメリカンSUVの真髄。シボレー伝統のテイストを、洗練の中にも残しているこの車の走りはすばらしい。
こんな人にオススメ
この車の洗練されたスタイルと優れた使い勝手、走行性能は世界のライバルたちと立派に渡り合える完成度だ。このクラスのSUVを検討しているすべての人にオススメできる。アメリカンSUVらしい味も濃く残し、従来からのファンの期待にも十二分に応えてくれよう。
SPECIFICATIONS
グレード LTZ
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4890 x 1910 x 1850
ホイールベース(mm) 2870
車両重量(kg) 2120
乗車定員 5人
エンジン種類 直列6気筒DOHC
総排気量(cc) 4157
最高出力 202kW(274ps)/6000rpm
最大トルク 373N・m(38.1kg-m)/3600rpm
車両本体価格 389万円
写真:奥隅圭之 文:根本 純
クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027