新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル トラヴィック【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スバル トラヴィック【プレイバック試乗】 / navi

(2010/02/10)

400ccの排気量拡大で実用車レベルを超えた走りを披露

  • スバル トラヴィック 走り|ニューモデル試乗
  • スバル トラヴィック インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
スバルがGMグループに入った成果の表れ
新登場トラヴィックは、7人乗りも可能なミッドサイズワゴン。ボディシェルを見ればおわかりのように、これはGMオペルのザフィーラでそのスバル版。

スバルがGMグループ入りしたことの成果の一つで、GMがタイ工場で作っている豪州ホールデンがベース。したがって、トラヴィックはタイ製の輸入車である。

では、トラヴィックはザフィーラとは何が違うかというと、それはひとえに足。言い換えると足(とエンジン)以外は、すでに市場にあるオペルザフィーラと同じである。

ほぼ本国仕様と同じ足のSパッケージ(224万円)と、日本市場向きに、このくらい(乗り心地を少しマイルドにする)のほうがいいはずとチューニングされた豪華装備のLパッケージというラインナップ。
室内&荷室空間
やはりドイツ車らしい質実剛健なデザイン
シートはオペルのままというか、ドイツのベーシック系のシートが装備される。表皮までも硬いので、座った一瞬は驚くほど。だが、基本形状はよく練り込まれているので、硬いながらも不当な疲労感はない。他のドイツ車では、シートがややソフト志向化し始めたところもあるので、このハード感覚はいまや貴重!

サイドブレーキのレバーがちょっと遠くて、その操作力も重いとか、小物入れがあまりないといった、日本の路上で使ううえでの小さな欠点も散見する。が、質実剛健な感じのデザインは、素っ気ないが、よくまとまっている。

スポーティシートがオプションだが、このシートは小柄な日本人にはちょっと座面の前後長が長すぎる。ノーマルがおすすめ。
  • スバル トラヴィック エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル トラヴィック ラゲージ|ニューモデル試乗
ドライブフィール
本国仕様のSパッケージ。日本向けのLパッケージ
オペルザフィーラよりもエンジンが強化され、2.2Lを搭載したのは大正解。低中速のトルクが十分あるので、エンジン回転を上げてパワーを絞り出さなくても余裕で走れ、結果として静粛性にもいい影響を与えている。

めざましく速くはないが、意図するままに走れ、これは実用車のレベルを超えたパフォーマンス。

注目のLパッケージは、低速域での乗り心地を大事にした設定。一方、16インチタイヤでスポーティに“武装”したSパッケージ(ほぼオペル仕様のまま)は、イメージほどには乗り味は硬くない。ファミリィユースにこれを選んでも、大きな不満はなさそう。

ただ、荒れた舗装や細かい凹凸など、低中速域での乗り心地のきめ細かさではLパッケージが優位。
こんな人にオススメ
ヨーロッパ車には興味があるけど、この日本で使うにはどれくらいフィットしているのかな?こんなギモンをおもちの方にピッタリ!基本は欧州、そしてそれを日本に適応させたというのが、このトラヴィック。欧州風味が“濃い”ほうがいいならSパッケージ、日本へのアレンジ重視ならLパッケージを選ぶべし。
SPECIFICATIONS
グレード Lパッケージ
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4315 x 1740 x 1675
ホイールベース(mm) 2695
車両重量(kg) 1480
乗車定員 7人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 2198
最高出力 108kW(147ps)/5800rpm
最大トルク 203N・m(20.7kg-m)/4000rpm
車両本体価格 234万円
写真:奥隅圭之 文:家村浩明
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027