新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル プレオ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スバル プレオ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/03/01)

進化したCVTとエンジンが走りにキレの良さをプラス

  • スバル プレオ 走り|ニューモデル試乗
  • スバル プレオ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
スポーツグレードRSを中心に細部を徹底改良
スズキやダイハツといった軽自動車をメインとしているメーカーとは違い、スバルはレガシィなどの売れ筋乗用車をラインナップしているメーカーである。

他社に比べ軽自動車のバリエーションを増やすというのは商売ベースで考えても難しいのが現実だ。ゆえにスバルの場合、1台でセダンやワゴンの優れた部分を集めた車、最近では流行のクロスオーバーモデルとしてプレオをラインナップさせている。

今回は新規格になって4年目を迎え、やや新鮮さを失いかけている商品力を強化するためにスポーティモデルRSを中心に改良、クラシックスタイルのネスタ、ファニーフェイスのニコットと3つのバリエーションを明確化しシリーズ全体の熟成を図ろうという意図だ。
室内&荷室空間
RSに豪華装備をプラス。シートリフターの出来も良い
今回の改良ではグレードが若干整理されている。今まではRMというSOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載する上級モデルがあったのだが廃止、RSにそれらの装備を統合した形となっている。結果RS単体で見ればオートエアコン、電動格納式ドアミラー、デュアルエアバッグ、グレードアップされたオーディオなどが追加され魅力は増している。

その中で特に特筆すべきは運転席シートリフターである。シート脇のレバーで無段階に調整できるのだが、シートバック(背もたれ)を含め全体が上下するのでどの高さでもフィット感が良い。往々にして軽自動車の場合コストダウンを狙ってシートの座面のみを上下させるものが多い中でこの設計は良心的といえるだろう。
  • スバル プレオ インパネ|ニューモデル試乗
  • スバル プレオ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
CVTのクセを徹底排除。エンジンの静粛性もアップ
RSに搭載されるエンジンはかなり細部が改良された印象を受けた。特にCVTの変速タイミング等を変更することで、通常のATに比較して起きやすいCVT特有の「速度が後から付いてくる」感じが比較的少なくなった。また全体的に振動や騒音が変更前と比べるとよく抑えられているのも特徴だ。

CVTの7速マニュアルモードも変速比の改良などを受けているが相変わらずスポーティ感は上々、ステアリングに組み込まれたギアスイッチの操作で約0.2秒(間違いなく自分で操作するより速い)でギアチェンジを行える。驚いたのはサスペンションの剛性を上げるだけではなく、165サイズのタイヤを入れるために今回一部ボディを修正したという事実、スバルの走りに対するこだわりと言えるだろう。
こんな人にオススメ
RSが装備を充実したことで今までのような尖った人向けではなくプレオの最上級モデルとしてオススメできる。街乗り中心なのであれば10万円安いLSがオススメ、エンジンパワーは落ちるがアルミホイールなどスポーティ装備も満載。オーディオも6連奏CDチェンジャーを搭載しお買い得である。
SPECIFICATIONS
グレード RS
駆動方式 FF
トランスミッション 7速CVT
全長×全幅×全高(mm) 3395 x 1475 x 1575
ホイールベース(mm) 2315
車両重量(kg) 890
乗車定員 4人
エンジン種類 直列4気筒DOHC16バルブ
スーパーチャージャー
総排気量(cc) 658
最高出力 47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク 103N・m(10.5kg-m)/3200rpm
車両本体価格 129.5万円
写真:桜井健雄 文:高山正寛(本誌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027