新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 eKワゴン【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

三菱 eKワゴン【プレイバック試乗】 / navi

(2010/03/05)

乗り心地と操縦安定性をバランスさせた、新感覚軽自動車

  • 三菱 eKワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 eKワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
ワングレードとして低価格を実現した
eKワゴンのパッケージングは、セダン的存在であるミニカとトールボーイであるトッポBJの中間に位置し、ゆったりとした居住空間とタワーパーキングにも入る実用性の両立を狙っている。

シンプルでクリーンなデザインをもつセミトール&ロングルーフのボディは、適度な高さで着座位置からの見晴らしもよく、乗り降りしやすいよう仕上げられている。

また衝突安全に関しても、高い性能を備える。デュアルSRSエアバッグやハイパワープリテンショナー付きフロントシートベルト、衝突安全強化ボディなどを標準装備し、危険回避性能も優れている。

グレードを3気筒SOHCエンジンと3速ATの組み合わせに絞り、低価格を実現したことも見逃せないポイントといえよう。
室内&荷室空間
特徴は視認性が高いセンターメーター
インテリアでの注目は、三菱車では初めて設定されたセンターメーターだ。走行中の視線や頭部の移動が少なく、焦点を合わせることも楽なので、視認性が高い。加えてスピードメーターの大きな文字も見やすく、例えば年配のユーザーにとっては安全にもつながるといえよう。ただしタコメーターは設定されていない。

フロントシートはベンチシート風で、コラムシフトと足踏み式パーキングブレーキによって、左右のウォークスルーが可能となっている。

また運転席回りに用意された豊富な収納スペースは注目モノ。ドア下部分に装着できる“プチごみ箱”や、ドアポケットの間仕切りとして、また寒冷時にガラスの霜取りとしての機能も兼ねた“霜とりクン”なども装備されている。ラゲージスペースは小さめだが、リアシートを畳めば大きな空間が生まれる。
  • 三菱 eKワゴン インパネ|ニューモデル試乗
  • 三菱 eKワゴン エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
走りはすべてにおいて可もなく不可もなく
eKワゴンの走りの印象は、全体的には可もなく不可もなくといった感じ。全体にバランスが取れた性能を確かに備えるのだが、これといって突出した部分がないのだ。ある意味、限界走行性能を見切って作られた車であり、別の言い方をすれば、手頃さに徹した車ともいえよう。

50psのパワーを発生する3気筒エンジンの動力性能は、タウンモードでは十分といえるが、高速走行を想定するともう少しパワーに余裕が欲しくなる。3速ATも日常ユースでは不満は生じないが、4速ATならより静かでスムーズではないかと思わせる部分がある。

足回りも乗り心地と操縦安定性とをうまくバランスさせているといえるが、どちらも際立って良いというほどではない。
こんな人にオススメ
eKワゴンの特徴は、新パッケージングのボディにほどほどの性能を備え、低価格を実現した点。この低価格であることが受けて、発売早々から大量の受注を集めているという。確かに街乗りを中心に使うユーザーが、割り切って選ぶというのが正しい姿だろう。実用性を重視して使いこなすユーザーにお勧めだ。
SPECIFICATIONS
グレード M
駆動方式 FF
トランスミッション 3AT
全長×全幅×全高(mm) 3395 x 1475 x 1550
ホイールベース(mm) 2340
車両重量(kg) 790
乗車定員 4人
エンジン種類 直列3気筒SOHC
総排気量(cc) 657
最高出力 37kW(50ps)/6500rpm
最大トルク 62N・m(6.3kg-m)/4000rpm
車両本体価格 91万円
写真:渡邉英昭 文:松下 宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027