新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン パサート【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン パサート【プレイバック試乗】 / navi

(2010/03/09)

V6モデルは安定志向の万能型。V5モデルは街乗り向き

  • フォルクスワーゲン パサート 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン パサート リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
現行モデルのMCだが計2315カ所も変更
フォルクスワーゲン(以下、VW)は、ゴルフやポロなどコンパクトクラスを中心としたドイツ最大の自動車メーカーとして知られている。

しかし当のVW自身はその評価に満足しておらず、ベントレーやブガッティなど高級車ブランドを次々と傘下に収めてきた。そしてついに、自社ブランドでの高級車を手がけることに。その一番手がこのパサートのマイナーチェンジ(以下、MC)だ。高級志向に仕立て直すため、例えば外観ではドアとルーフ以外はすべて新型とするなど、計2315カ所も仕様変更した。しかしこれだけの大変更でも、ベースが同じなので、MCという。

エンジンは新たにV型5気筒の2.3Lが加わった。さらに来春にはW型8気筒の4Lという、珍しいエンジンも搭載される予定だ。
室内&荷室空間
室内空間はMC前と同様 安全装備はさらに充実
ホイールベースなどはMC前と同様なので、室内空間の広さは変わっていない。フロントシートのヘッドスペースはたっぷりと取られており、リアシートはやや高めの着座位置で、レッグスペースの広さも十分だ。掛け心地もよい。

安全性に関しては、カーテンエアバッグや緊急時にブレーキを補助するアシストシステム、さらに空転した駆動輪にブレーキをかけて駆動力を回復させるEDSシステムが装着された。

今回のパサートにはMC前と同様に、4ドアセダンに加えステーションワゴンも用意されている。ワゴンの荷室はリアシートを倒すとフラットで広いスペースが得られた。セダンの荷室での一番のトピックスは、ワゴンに加えトランク内に12V用コンセントが装備された点だ。
  • フォルクスワーゲン パサート インパネ|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン パサート エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
低速で重く高速で軽いステアリングフィール
V5モデルはFFのみ。対してV6モデルはフルタイム4WDをメインとし、FFは受注生産となる。

新開発のV5エンジンだが、1000~3000rpmという低回転域のトルクは太く感じた。しかしそれ以上の回転域でのトルクの盛り上がりはイマイチ。0→100km/h加速が12秒台というのは、排気量2.3Lとしてはやや遅めだ。エンジン音は全体に大きめ。ただしDレンジでの100km/h巡航の回転域は2000rpmだったので、高速走行でのエンジン音は気にならない。

60km/h以下でのステアリングフィールは重め。それ以上の速度域でやや軽めとなるセッティングだった。コーナーでのロールも大きめだ。V6モデルとV5モデルの走りを比べると、V6モデルのほうが好ましく思えた。
こんな人にオススメ
V5エンジンは高回転時より低回転時のほうが扱いやすいので、シティユース向き。V6エンジンは、トルクフルで、フルタイム4WDらしく走りも安定しているので、高速から峠まで楽しめるだろう。ゴルフが代表するVWテイストを知って車人生を歩み、生活が落ち着いた人へ。
SPECIFICATIONS
グレード V5セダン
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4700 x 1745 x 1460
ホイールベース(mm) 2705
車両重量(kg) 1520
乗車定員 5人
エンジン種類 V型5気筒SOHC
総排気量(cc) 2324
最高出力 125kW(170ps)/6200rpm
最大トルク 220N・m(22.4kg-m)/3200rpm
車両本体価格 349万円
写真:芳賀元昌 文:石川真禧照
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027