新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフR/シロッコR【追加グレード】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフR/シロッコR【追加グレード】 / navi

(2010/02/25)

【ゴルフR】先代R32を凌ぐ猛烈な速さと安定感

  • フォルクスワーゲン ゴルフR 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ゴルフR エンジン|ニューモデル試乗
高出力、低燃費を両立した2LTSI+6速DSGにより、12.4㎞/Lの低燃費を実現。オプションでレカロ製スポーツシートの選択も可能
2世代にわたって熱く支持されてきたR32の後を継ぐゴルフのハイエンドスポーツグレードとして新たに登場したのは、その名もゴルフR。

その最大のトピックは、R32時代の3.2LV6エンジンに代わって2LTSI=直噴ターボユニットが搭載されたことだ。2LTSIと言っても最高出力200psのGTI用とは別物のこのエンジンは実に256psという高出力を実現。R32の250psをも凌いでいる。

シャーシで目をひくのはDCCと呼ばれる減衰力可変ダンパーを含むアダプティブシャーシコントロールの採用だ。4モーションと呼ばれる4WDシステムやDSGなど他のメカニズムはほぼ踏襲されている。さて、その実力は?

まず気になるエンジンは、実用域では十分という程度でGTIに対して特段の差を感じさせないが、4000rpm辺りから先の高回転域では回すほどにパワーが高まり、突き抜けるように吹け上がる快感を味わえる。フラットトルクのGTIよりパワフルなだけでなく刺激性も明らかに上を行っているのだ。

しかもフットワークはステアリングの切り始めから気持ち良いレスポンス。4モーションのおかげでリアの押さえが利いていることから思い切って曲げる方向に躾けられている。すこぶる安定していて、しかも猛烈に速い。そんなハンドリングに仕上げられているのである。

【シロッコR】ドライバーが腕を発揮したくなる楽しさ

  • フォルクスワーゲン シロッコR 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン シロッコR インパネ|ニューモデル試乗
Rシリーズ初のFFモデル。足回りには専用チュ−ニングを施したスポーツサスペンション、電子式ディファレンシャルロックなどを採用する
同じエンジンを積み同時にデビューしたシロッコRで注目すべきは駆動方式。実はこちらはFFである。メリットは軽さ。実際、1410kgの車重はゴルフRより120kgも軽い。

その恩恵はスタートダッシュから明らかで、軽快感は明らかに上だ。動力性能だけじゃない。身のこなしにしても、シロッコはベース車からしてトレッドが広く低重心なこともあって、一層切れ味が良くコントロール性も抜群。タックインを利用してニュートラルステアでコーナーを抜けるのも自由自在だ。当然限界的なトラクション性能では不利だし安定性も落ちるのだが、ドライバーが腕を発揮する楽しさは、むしろ広がっている。

基本骨格の多くを共有し、同じパワートレインを使う「R」モデルでも、実は2台の狙いと性格はこのように違っている。安定していて重厚ですらあるゴルフRか。スポーツカーらしい走りの楽しさを味わえるシロッコRか。選ぶなら車の使い方だけでなく、その辺りにも留意してじっくり検討してほしいところだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレードゴルフ R
全長×全幅×全高(mm)4220×1790×1495
車両重量(kg)1530
エンジン種類直4DOHCインタークーラー付きターボ
総排気量(cc)1984
最高出力[ps/rpm]256ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm]33.7kg-m/2400~5200rpm
車両本体価格505万円
主要諸元のグレードシロッコ R
全長×全幅×全高(mm)4255×1820×1420
車両重量(kg)1410
エンジン種類直4DOHCインタークーラー付きターボ
総排気量(cc)1984
最高出力[ps/rpm]256ps/6000
最大トルク[kg-m/rpm]33.7kg-m/2400~5200rpm
車両本体価格515万円
Tester/島下泰久 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027