新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ タントエクゼ【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

ダイハツ タントエクゼ【ニューモデル】 / navi

(2010/03/03)

大型かつ高級に仕上げられた専用シートが魅力的

  • ダイハツ タントエクゼ 走り|ニューモデル試乗
  • ダイハツ タントエクゼ フロントシート|ニューモデル試乗
  • ダイハツ タントエクゼ ヘッドコンソール|ニューモデル試乗
PERFORMANCEPERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

大人4人が快適に移動できる空間

タントの名をもつがヒンジドアを採用するニューモデル。標準モデルのほかカスタムの設定、エンジン構成などもタントにほぼ準ずるが、子育てママをターゲットにしたタントとは空間の使い方に対する考えが大きく異なり、大人4人が快適に移動できるよう大型かつ高級に仕上げた専用の前後シートを採用する。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

軽快感、安定感とも本家の上を行く

試乗のメインはカスタムRS。本家タントの同等グレードより40kg軽いことやヒンジドアの採用により、スライドドアをもつタントよりも乗り味はしっかり、そして軽快感もある。また注目は振動の少なさ。これはボディだけでなくシートがかなり吸収してくれているようだ。この辺は軽のレベルを超えている。
  • ダイハツ タントエクゼ リアシート|ニューモデル試乗
  • ダイハツ タントエクゼ ラゲージ|ニューモデル試乗
  • ダイハツ タントエクゼ エンジン|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

後席は快適を超えて、もはや極楽

4席グラマラスコンフォートシートとはよく言ったもの。シートのサイズ、特に肩回りまでしっかりとしたサポートはお金がかかっていることが感じられる。255mmもスライドするリアシートに座り、アームレストを下ろし、少しリクライニングさせればもはや快適を超えて極楽の域。前席も同様に快適です。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

ファーストカーもこなす実力

ターボ車ならば動力性能にも余裕があるのでファーストカーに十分なり得る実力。スライドドアでなくても自分で乗り降りができる中学生くらいの子供がいる家庭ならば、塾への送り迎えなどにも重宝する。もちろん本来のコンセプトである大人4人での移動は楽勝。シートアレンジも多彩で使い勝手も良い。
SPECIFICATIONS
グレード カスタムRS
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1730
ホイールベース(mm) 2490
車両重量(kg) 920
乗車定員 4人
エンジン種類 直3DOHCターボ
総排気量(cc) 658
最高出力 47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク 103N・m(10.5kg-m)/3000rpm
車両本体価格 113万~169.1万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価13/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
デジタルオーディオプレイヤーとの接続も可能な専用のCD・AM/FMステレオをメーカーオプション設定。RSは6スピーカーが標準装備なので2万1000円で装着可能(その他のグレードは4万2000円)だ
SAFETY(安全性)2/ 5
VSC+TRCはSRSサイド&ABSはカスタムの全グレードに標準装備だが、エクゼ(標準車)の最廉価グレードLには3万1500円のメーカーオプション設定。価格訴求も確かに大事だが、全グレードへの標準装備を切に願いたい
ECO(環境性能)2/ 5
環境分野は得意のはずのダイハツだが、RS(ターボ車)の平成17年度基準排出ガス規制は50%で星3つ。平成22年度燃費基準も+5%と物足りなさが残る。NA車が優秀な分、もうひと頑張りに期待したい
MILEAGE(燃費)3/ 5
RSの10・15モード燃費は19.0km/L。一方NA車は21.5km/L車と昨今の燃費競争の中ではライバルのスズキに後れを取っている印象も受ける。走りが非常にいい分、さらなるレベルアップが望まれる
VALUE(バリュー)4/ 5
車としては新しい価値を提案するものなので評価するが、RSの車両価格157万円は普通車がライバルとして登場することもあり、なかなか手が出せない。装備は充実しているのだが…
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027