新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧STI インプレッサ R205【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

STI インプレッサ R205【特別仕様車】 / navi

(2010/03/04)

大人向けのしなやかさと痛快な走り

  • STI インプレッサ R205 走り|ニューモデル試乗
  • STI インプレッサ R205 フロントシート|ニューモデル試乗
  • STI インプレッサ R205 ヘッドコンソール|ニューモデル試乗
PERFORMANCEPERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

STIの新シリーズとして登場

インプレッサWRX STI spec Cをベースに、STIが開発した400台限定のコンプリートカー。圧倒的なパフォーマンスを誇る同社のモデルには今まで「Sシリーズ」の名称が与えられていたが、今回新たに日常ユースからサーキットまで楽しめる最高の走りを目指し、R(Runの略)シリーズとして発売した。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

運転がうまくなったと錯覚する

紹介できないほど、ベース車に対し多くのチューニングが施されている。STIが言う「強靱でしなやかな走り」は乗ってすぐに体感できる。特にリアサスのしなやかな動きは接地感の向上にも貢献。思わず「オレはこんなに運転がうまかったのか」と錯覚してしまうくらい、痛快な走りが味わえる。
  • STI インプレッサ R205 リアシート|ニューモデル試乗
  • STI インプレッサ R205 ラゲージ|ニューモデル試乗
  • STI インプレッサ R205 エンジン|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

レカロシートは装着したい

インテリアでR205専用の装備といえば、アルミ製のサイドシルプレートやコンソールに装着されているシリアルナンバープレート。サイド部が合皮の専用バケットシートも快適なのだが、アルカンターラ&本革仕上げのレカロ製バケットシートはマストアイテム。有無でリセールバリューも変わるはずだ。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

そのしなやかさ、まさに大人向け

サスペンションの路面追従性の高さはこの手の車としてはある意味、拍子抜けするほど乗り心地がいい。どんな道でも気持ち良く走れるセッティングからはSTIがあえてSシリーズにしなかったことがうかがえる。運動性能の高さは言うことなし、しかしただ扱いやすい車に留まらない点が大人向けだ。
SPECIFICATIONS
グレード R205
駆動方式 4WD
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4415×1795×1465
ホイールベース(mm) 2625
車両重量(kg) 1470
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力 235kW(320ps)/6400rpm
最大トルク 431N・m(44.0kg-m)/4000rpm
車両本体価格 473万5500円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価14/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
走りのための専用装備はてんこ盛りだが、オーディオはフロント2スピーカー&ルーフアンテナのみの設定。ただエアコンはフルオートだし、快適性を犠牲にしていない点がいい
SAFETY(安全性)4/ 5
走りを極めた車だからこそ、安全装備も手を抜くことはできない。HIDランプやイモビライザー、サイド&カーテンエアバッグのほかリアシートも全席3点式シートベルトを装備するなど納得の内容
ECO(環境性能)2/ 5
ベース車のWRX STIで見ると平成17年基準排出ガスは50%低減で星3つ。新排出ガス試験モード(JC08C)に対応しているが、今後はこの手のハイパフォーマンスカーにも高い環境性能が求められる
MILEAGE(燃費)2/ 5
コンプリートカーなので10・15モード燃費もベースカーで判断するしかないが、10.4km/Lとギリギリ10km/L超え。ただSI-DRIVEをインテリジェントモードにすれば実用燃費は結構稼げそうだ
VALUE(バリュー)4/ 5
473万5500円という価格に尻込みしてはいけない。もしこのチューニングメニューをバラバラに行ったとしたら、とてもこの金額には収まらない。それだけ買い得度は高く、価値のあるモデルと言える
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027