新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ MRワゴン【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スズキ MRワゴン【プレイバック試乗】 / navi

(2010/04/05)

NA・ターボともに走りはスムーズで、音の高まりも少ない

  • スズキ MRワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • スズキ MRワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
後部座席もしっかり座れる次世代軽自動車
MRワゴンの元は1999年の東京モーターショーに参考出品された車だ。そのコンセプトカーは次世代の軽自動車の一つの方向性を示したものとして展示された。

次世代の軽自動車の姿。それもMRワゴンのカタチは、明らかにファミリィカーとしてのものだ。

スズキのファミリィカーといえば、ワゴンRが有名。しかしワゴンRは大好評の一方で、ユーザーから「後部座席をもっと広くしてほしい」という根強い要望があったのだという。そこで大人4人が快適に過ごせる新型モノフォルムセダンとして開発されたのがこのMRワゴンというわけだ。当初周囲からは次期ワゴンRと目されていたMRワゴンも、スズキとしては新ブランドとして位置づけしているという。来年には日産にOEM供給する予定だ。
室内&荷室空間
ワゴンR以来のこだわり座面高635mm
「635mm」これがスズキのこだわりだ。ワゴンR以来、ハイト系ワゴンの座面高は、地上から635mmと決められている。この高さを基本に室内は作られた。

フロントシートに座ってみると確かに腰の高さを変えずに座れる。降りるときの足つき感もよかった。個人的にはもう少しアイポイントが高くてもいいと思うが、それは座面を上下させるシートリフターを使えばよいだろう。シート表皮やインパネの素材もこれまでの軽自動車のレベルを上回る上質なもの。

そしてすごいのがシートアレンジ。リアシートのスライド、可倒、フラットなど多種多彩で後席の快適性も十分。小物入れも500mlペットボトルが4カ所に入る。携帯電話入れもある。ここまで考えた技術陣を褒めてあげたいくらいだ。
  • スズキ MRワゴン 内装|ニューモデル試乗
  • スズキ MRワゴン エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
スムーズな加速を味わえるマイルドターボ
エンジンは2タイプ。3 気筒DOHC・VVT54馬力と、ターボ60馬力だ。このターボはターボ過給圧を抑えたライトプレッシャータイプ。ミッションはどちらもコラムシフトの4速AT。駆動は前輪になる。最初は54馬力のノーマル車からドライブ。このエンジンはスムーズに回転する。音の高まりも少ない。加速も60km/hぐらいまでならダッシュするので、不満はなかった。

それよりもスムーズなのがターボ。軽の自主規制64馬力を下回る60馬力のマイルドターボはドッカーンがなく、おとなしく加速する。交差点を左折してからの加速がとくにスムーズで、力強くて気持ちよかった。ハンドリングもしっかり感がある。ボディの剛性が高いのでこのような操作感なのだ。ブレーキもしっかりと利いてくれた。
こんな人にオススメ
このような軽自動車のユーザーは30代の女性、ということになっている。しかし、MRワゴンはラテン車系のスタイルが特徴。プジョー406やアルファ156に乗っている家のセカンドカーに並べてもおかしくないスタイルだ。街中をこれで走れば気分はローマっ子かパリジャンだ。
SPECIFICATIONS
グレード Xナビパッケージ
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 3395 x 1475 x 1590
ホイールベース(mm) 2360
車両重量(kg) 840
乗車定員 4人
エンジン種類 直3DOHC
総排気量(cc) 658
最高出力 40kW(54ps)/6500rpm
最大トルク 63N・m(6.4kg-m)/3500rpm
車両本体価格 127.5万円
写真:石川真禧照 文:奥隅圭之
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027