新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサWRX STi タイプRA【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサWRX STi タイプRA【プレイバック試乗】 / navi

(2010/04/07)

軽量化で挙動が安定。アクセルを早く踏める!

  • スバル インプレッサWRX STi タイプRA リアスタイル 走り|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STi タイプRA リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
競技ベース車の最新版。走りを磨きライバルに挑む
インプレッサとランサーエボリューションはお互いに良いライバル関係にある。片方がバージョンアップすれば、もう片方もさらに高みに向かってチューニングアップする。そんな意味からするとRAタイプCはランサーエボVIIに対するスバルのカウンターパンチと見ることができる。

車名のタイプCはCompetition(競技)の頭文字だ。これまでの様々な制約の中で重量増に陥ってきたRAシリーズを蘇生すべく徹底した軽量化を図った。言ってみればエボは電子デバイスを使って速さを追求したのに対して、タイプCは軽量化というチューニングの正攻法で対抗したということになる。競技車ベースだけにまさにスパルタンの言葉が当てはまり、スバルのスポーツに対するピュアな思いが伝わってくる。
チューニングポイント
エンジンも専用チューン。ターボのレスポンスも向上
従来のRAに対してなんと90kgも軽量化されて1290kgとなった。走行に影響を及ぼさない部品で廃止されたのはフロントサブフレーム、デュアルエアバッグ、トランクトリムなどなど。さらにルーフパネルやトランクリッド、サイドガラスの板厚などが薄くされ、ガンリンタンクも60Lから50Lに小型化して細かな軽量化の見直しを図った。

機能パーツではターボのコンプレッサー側軸受けをボールベアリング化してレスポンスを向上させ、最大トルクも1.2kg-mアップの39.2kg-mとした。またサスペンションではパフォーマンスロッドの追加やフロントのキャスター角の変更によって旋回性能の向上を狙った。このほかにもミッション・オイルクーラーの採用、リアデフを機械式LSDへ変更した。
  • スバル インプレッサWRX STi タイプRA インパネ|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STi タイプRA エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
スペック以上の走りを体感。その軽快さに感激!
とにかく車が軽い。テストはサーキットで行われたが、その小気味よい加速性能には惚れ惚れするほど。大トルク+4WDの加速性能はもともと圧倒的だが、軽量化でさらに磨きがかかった。ちなみに3人乗車(130kg程度の量増)ではシフトアップのポイントはかなり先になった。つまりそれだけ軽量化が大きな効果を上げているということだ。

コーナーリングでは軽快という言葉がまさにピッタリする。ターンインではわずかに反応が早いという程度だが、真骨頂はコーナーの後半。リアを振り出したような時の収束が早く、サーキットでは早くアクセルを踏めるのだ。車全体で評価するとタイヤとのマッチングに今一歩の感があるが、そのパフォーマンスの高さは圧倒的だ。
こんな人にオススメ
このモデルは競技用のベース車両だ。ピュアスポーツだけにその真価がわかる人にとっては、例え競技に参加しなくても魅力は大きい。でもスペックだけにとらわれてイージードライブが95%という人には勧められない。疲れるだけだ。インプレッサの速さはアナログ的で、一つ一つの操作に対して対話しながら走ることができるのが楽しい。
SPECIFICATIONS
グレード インプレッサWRX STi
タイプRAスペックC
駆動方式 4WD
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4405 x 1730 x 1425
ホイールベース(mm) 2540
車両重量(kg) 1290
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力 206kW(280ps)/6400rpm
最大トルク 284N・m(39.2kg-m)/4400rpm
車両本体価格 295.3万円
写真:奥隅圭之 文:日下部保雄
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027