新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 5シリーズグランツーリスモ【新型車】 / navi

クルマニュース

BMW 5シリーズグランツーリスモ【新型車】 / navi

(2010/03/25)

「ビーエム=大定番?」のイメージをあえて捨てた冒険作

  • BMW 5シリーズグランツーリスモ 走り|ニューモデル試乗
  • BMW 5シリーズグランツーリスモ インパネ|ニューモデル試乗
↑高級なセダンや機能性の高いツーリング、多様性に富んだSAVの長所を一台に凝縮(左)操作性に優れた、シンプルで質感高いインテリア。計器には、ブレーキエネルギー回生表示メーターが内蔵される。標準装備に前後輪統合制御ステアリングシステムを採用(右)
BMWの大冒険、と言っておく。SUVのXシリーズで最初の冒険を見事クリアしたバイエルンの雄が、ついにサルーンの改革に着手した。

ご覧のように、ずんぐりとしたルックス。X6によく似ているも、もう少しサルーン寄りのクロスオーバー。“ ベンツ/ビーエム”にどこか古臭いイメージを抱く人たちを、まずは“ハッ”とさせるに十分なカタチである。

そう、人とは違う新しいモノを望む輸入車ユーザーのなかで、ばりばりの保守本命であるBMWやM・ベンツにとって、定番にすぎるイメージこそ最大の敵だったりするわけだ。

5シリーズ、とはいうものの、中身はほとんど7シリーズだと思っていい。それが証拠に、全長やホイールベースは7シリーズショート。カタチから想像するに、室内空間は7に勝りそう( で、実際に乗ってみると頭の周りが広いぶん、7よりリラックスできてしまう!特に後席、最高)。じゃあどうして5なの? というあたりが、BMWの“ 考え抜かれた戦略”だ。

要するに、ホントはでかい車に乗りたいけれど、面と向かって7だと言うと、今の時代、引く人も多いんじゃないか、ってこと。欧州ではフリートユース( 会社が地位別に与える車)の問題もあって、7だと大層すぎるというわけ。ホントは小さい車をデカくするんじゃなくて、大きいのを小さく思わせる。ある意味、ダウンサイジング時代の申し子かも。

BMWらしい最高の高速クルージングと車との一体感は魅力的

  • BMW 5シリーズグランツーリスモ リアシート|ニューモデル試乗
  • BMW 5シリーズグランツーリスモ ラゲージ|ニューモデル試乗
↑7シリーズ同等の足元スペースを確保。後席は最大100mm、前後に移動できる(左)同社初搭載のツイン・テールゲート。4座の状態で最大590ℓの容量を誇る(右)
メカニズム的には8速ATと新しい直噴直6シングルターボエンジンに注目されたい。この組み合わせを積む535iで、まずは十分納得のパフォーマンスである。ゆっくり走っている際の、ボロボロしたエンジンフィールがいただけないだけで、その他はしっかりビーエム。アクティブステアリングもランフラットタイヤも、もうそれほど気にならないレベルまで使いこなしている。名前が示すとおり、特に高速クルージングが最高で、それもちょっと舵の当たっているくらいが気持ちいい。車との一体感も素晴らしい確かな手応え、踏み応え。これはもっともわかりやすいBMWらしさでもある。

直噴V8ツインターボの550iは、想像どおりに超ド級のパフォーマンスで大いに惹かれるけれど、この車のキャラにはちょっと贅沢すぎるだろう。X6なら間違いなく推すが。

いつまでも昔のイメージではいられない。そう思ったのか、どうか。このイメチェン、日本ではなかなか理解されないかもしれないなあ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード550iグランツーリスモ
全長×全幅×全高(mm)5000×1900×1565
車両重量(kg)2150
エンジン種類V8DOHCツインターボ
総排気量(cc)4394
最高出力[ps/rpm]407ps/5500rpm
最大トルク[kg-m/rpm]61.2kg-m/1750~4500rpm
車両本体価格1114万円
Tester/西川 淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027