新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 316ti【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

BMW 316ti【プレイバック試乗】 / navi

(2010/04/08)

バルブトロニック採用新型エンジンで俊敏な走りを実現

  • BMW 316ti 走り|ニューモデル試乗
  • BMW 316ti インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
バルブトロニックなどの最新技術で作り込まれた
軽い気持ちで見ると入門用BMWがtiなんだけど、今度のtiはしっかりと最新技術で作り込まれている。じゃあ旧型は違うのか? そう違うの。外観こそ当時の3シリーズと同じだったが、シャーシはその前の世代がベースだった。

でも今回は現行E46型がベースの正真正銘最新モデルだ。しかもエンジンは新開発のDOHC16バルブに、バルブのリフト量がスロットルの役目をする画期的なバルブトロニックを採用している。欧州や日本のFF2BOXカーと同格クラスだが、BMW的には、もっと若い層に向けてポップな内装を用意する。スポーティさとオシャレ感覚がスマートに融合していて、威圧感が少なく、国産車に紛れても目立ちすぎない点が日本人感覚にもマッチしている。
室内&荷室空間
リアシートを倒して大きな荷物も積み込める
黙って座れば前2席は3シリーズそのものでtiだか何だかわからない。ただ「ヤングライン」仕様だとトリムがボディと同色のポップな色使いだし、シート地もオシャレで明らかに違うけど。後席はやや立ち気味の背もたれがセダンとの違い。座面は公園のベンチのように硬いが、恐らく長距離走っても疲れは少ないと思う。

ただしヘッドクリアランスは少なめで、大のオトナだと長時間は、これのためにつらいかも。まあボディサイズやユーザー層からいってもメインは前席だから問題にはならんでしょう。トランク容量はミニマムだけどリアシートを倒せばかなりの大物も飲み込める。

ま、これも“荷物が積めないから選ばないと” いうクラスじゃないから問題は、ないでしょう
  • BMW 316ti エンジン|ニューモデル試乗
  • BMW 316ツーリング リアスタイル|ニューモデル試乗
ドライブフィール
3シリーズ中No.1の軽快なフットワーク
走りの良さでは定評の3シリーズでも特に4気筒搭載モデルの評価は高い。tiは、そのシャーシにさらにリアのトランク部分が短い分だけ運動性は高いということだ。実際コーナリングでの軽いフットワークは、3シリーズでNo.1だ。ハードに攻めてもリアの限界の高さとロール後の収まりが断然早く軽快。ベストなFRカーだ。エンジンも316で従来の318と同レベルの出力だが、5速ATになったことで動力性能も向上している。

318系はセダンもツーリングも従来の1.9Lから2Lに拡大(別のエンジン)されても音は静かだわ、トルクはあるわ、高速は伸びるわ、ギアも5速でさらに燃費もいいわで、といいことだらけ。従来エンジンの318iツーリングオーナーの私としては黙ってられないこの違いが悔しい限りだ。
こんな人にオススメ
デキのいいFF2BOXとも対等かそれ以上の性能をもつことは確実。尻切れトンボ的だった旧型とは雲泥の差でカッコもいい。FRの入門用として走り屋からカップル、女性にももちろん意外にも幅広い層にマッチする。新4気筒エンジンだけでも新生3シリーズは各モデルとも買いだ。
SPECIFICATIONS
グレード 316ti
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4265 x 1750 x 1410
ホイールベース(mm) 2725
車両重量(kg) 1370
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1796
最高出力 85kW(115ps)/5500rpm
最大トルク 175N・m(17.9kg-m)/3750rpm
車両本体価格 299.8万円
写真:奥隅圭之 文:桂 伸一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027