新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ CR-Z【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

ホンダ CR-Z【ニューモデル】 / navi

(2010/03/31)

待望のエコスポーツ

  • ホンダ CR-Z 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ CR-Z 6MT|ニューモデル試乗
  • ホンダ CR-Z スカイルーフ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

待望のハイブリッドスポーツ

インサイト、シビックHVに続く「Hondaグリーンマシン3号」。低く、ワイドなボディにインサイトより排気量の大きな1.5L直4SOHCエンジン+ モーターを搭載。充実装備のαとベーシックなβの2グレード構成で、それぞれにCVTとハイブリッドカーとしては世界初となる6MTが組み合わされる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

6MTの走りはカルチャーショック

悪天候ではあったが、スタビリティも高く、乗り心地も良好。6MT、CVTともECON/NORMAL/SPORTの3種類の走りが選べる「3モードドライブシステム」を搭載しているが、特に6MTでは出だしからモーターがトルクの立ち上がりをアシストしてくれることで、2L並みの加速フィーリングが楽しめる。
  • ホンダ CR-Z インパネ|ニューモデル試乗
  • ホンダ CR-Z フロントシート|ニューモデル試乗
  • ホンダ CR-Z モデューロパーツ装着車|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

後席はあるが本当に緊急用

気になる後席はやはり緊急用。140cm未満の子供が精一杯。しかしここにバッグを置くなどのスペースとして考えれば分割可倒機構とも相まって使い勝手はかなり良い。シートポジションはかなり低いが、高曲率のフロントウインドウを採用。Honda車で最もワイドな前方視界という説明にも納得できる。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

注目度は抜群です

CR-Zはエコとスポーツの融合、つまりハイブリッドの意味をもつ車でもあるという。月並みな言い回しだが、ハッと目を奪われる未来的なデザイン。試乗していても対向車のドライバーからの視線がウレシイほど痛いのである。子育て終了の50代だけでなく20代が乗っても様になる時代にマッチした一台だ。
SPECIFICATIONS
グレード α
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4080×1740×1395
ホイールベース(mm) 2435
車両重量(kg) 1130
乗車定員 4人
エンジン種類 直4SOHC+モーター
総排気量(cc) 1496
最高出力 84kW(114ps)/6000rpm
(※エンジン部のみの数値)
最大トルク 145N・m(14.8kg-m)/4800rpm
(※エンジン部のみの数値)
車両本体価格 226万8000〜249万8000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価21/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
オーディオおよびナビはすべてオプション(スピーカーはフロント2つのみ標準装備)。オススメは通信機器&通信料永年無料のインターナビ・プレミアムクラブ対応のHDDナビ(28万6000円)だ
SAFETY(安全性)4/ 5
VSC+TRCはSRSサイド&VSA(車両安定デバイス)を全グレードに標準装備したのは高く評価したい。αにはディスチャージライトが標準装備、βはメーカーオプションとなる。サイドエアバッグはαとβのみCVT車にオプション
ECO(環境性能)5/ 5
2005年度排出ガス基準75%低減で星4つを取得。平成22年度燃費基準も全グレードで+25%を達成。自動車取得税、重量税合計で16万5100円のエコカー減税が受けられる
MILEAGE(燃費)5/ 5
6MT車の10・15モード燃費は22.5km/L、CVT車の25.0km/Lより悪いのは試験方法の関係で数値上落ちてしまうから。実走行では頻繁にCVTを超える燃費が出せた。これは星5つあげていいだろう
VALUE(バリュー)5/ 5
月間販売目標1000台に対し、すでに1万台以上の受注が入っているはず。ハイブリッドはもとより、日本では絶滅危惧種化していたクーペ市場を元気にさせたことは高く評価したい
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027