新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ シビック ハイブリッド【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ シビック ハイブリッド【プレイバック試乗】 / navi

(2010/04/13)

走りと省燃費の両方を備えた“一歩先”のハイブリッド車

  • ホンダ シビック ハイブリッド 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビック ハイブリッド リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
5人乗り量販ガソリン車世界一の燃費を実現
異なる2種のパワーソースを組み合わせるのがハイブリッド方式だが、今日ではその2種とはエンジンとモーターとなっている。ホンダが現時点で市販しているのは、IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)というハイブリッドシステムで、すでにインサイトに搭載されて世界を走っている。

そのIMAシステムの進化したセカンドジェネレーションが、シビック4ドアに搭載されて新登場した。インサイトは2シーターとやや特殊なモデルだったが、このシビックの登場で、ようやく普通のセダンボディとハイブリッドシステムが合体した、ホンダ初のモデルとなった。

発表されている10・15モードの燃費は29.5km/Lで、これは5人乗り量販ガソリン車では世界一と、あのプリウスを抜いた!
室内&荷室空間
居住性を損なわないハイブリッドシステム
バッテリーやインバーターなどを含むエンジンではないもう一つのパワーユニット、IPUは、後席とトランクとの間に配置。トランク容量342Lを確保しつつもコンパクトに収納されている。ホンダ初のハイブリッド車であるインサイトのIPUより、容量にして32%少ないというのだから、技術の進歩は早い。

ということで、室内に対しての出っぱっりなどIPUの影響はほぼ皆無。シート背面裏のトランクの一部スペースが食われてはいるが、これも実用上、ほとんど問題ないレベルといえよう。

ただし、ここまでIPUをコンパクトにしても、ハッチバックのシビックには適切に収められるスペースがどこにもないのだという。シビックハイブリッドがセダンにしか設定されない理由は、ここにある。
  • ホンダ シビック ハイブリッド インパネ|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビック ハイブリッド エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
アイドリングストップは存在を忘れるほど秀逸
グリルなどが小変更されているが、左記のようにハイブリッドシステムは巧みに隠され、見た目での違いが少ないハイブリッド版シビック。この印象は走ってみても同様で、普通のシビックとの差はなかった。もちろんアイドリングストップ機構が付くので、走れば普通の車と違うことはわかるが。

しかしこの機能が、従来よりずっと俊敏でスムーズになっていた。信号などで停止するとすぐにエンジンが止まり、ブレーキから足を離すと静かに再始動する。あまりのスムーズさにこの機能を忘れそうにもなるが、これはエンジンとモーターによるアシストの感覚も同様。アクセルを踏むと加速するという、この普通の感覚を大事にしてのセットアップがなされていて、違和感は非常に少なかった。
こんな人にオススメ
ハイブリッドと知らない人がごく普通に使っていて、ガソリンスタンドに行ってみたらびっくり…、という車だろう。モーターが走りの主役になっているプリウスのような驚きは少ないが、しかし確実に省燃費できそう。乗り心地は硬め、かつしっかり。走りと環境、両方欲しい車好き環境派向きだろう。
SPECIFICATIONS
グレード ホンダ シビック ハイブリッド
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4455 x 1695 x 1430
ホイールベース(mm) 2620
車両重量(kg) 1190
乗車定員 5人
エンジン種類 直4SOHC +
交流同期電動機
総排気量(cc) 1339
最高出力 63kW(86ps)/5700rpm +
10kW/4000rpm
最大トルク 119N・m(12.1kg-m)/3300rpm +
49N・m(5.0kg-m)/1000rpm
車両本体価格 209.0万円
写真:桜井健雄 文:家村浩明
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027