新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レガシィB4/ツーリングワゴン【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スバル レガシィB4/ツーリングワゴン【プレイバック試乗】 / navi

(2010/04/21)

ターボの“溜め”に変わり、“スムーズ”さをもつ大人のレガシィ

  • スバル レガシィB4 RS30 走り|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィB4 RS30 リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
RSK/GT-Bに3L NAのフラット6を載せたモデル
簡単にいうとRS30/GT30は、スポーティセダンのRSK、ワゴンのGT-B EチューンIIが積むフラット4ターボエンジンを自然吸気のフラット6に載せ換えたモデルだ。

エンジンはランカスター6とほぼ共通。なので、ランカスター6のソフトな乗り心地を実現したラグジュアリィなレガシィと思われがちだが、シャーシ自体はRSK/GT-B EチューンIIをベースとし、ターボモデルと同じ方向性で仕上げられた。ゆえにスバルはRS30/GT30ともに、スポーティモデルと位置づける。

フラット6の搭載にあたりサブフレームを強化し剛性をアップ、足回りではコーナリングの安定性や応答性に気が配られた。結果、ダンパーにはRSKと同じ倒立型のビルシュタインを採用、タイヤは17インチサイズとなっている。
室内&荷室空間
基本構成は従来どおり、雰囲気は落ち着いている
内外装はRSK/GT-B EチューンIIに準じており、装備内容も従来のレガシィを継承。室内では、細部にわたってスイッチ類などの質感や色調が変更されシックな雰囲気に仕上げられているが、基本的にはこれまでのモデルと同じだ。
  • スバル レガシィB4 RS30 エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィツーリングワゴン GT30|ニューモデル試乗
ドライブフィール
走りはGT-B譲り、静粛性は新次元へ
フラット6のエンジン出力&トルクは220ps/6000rpm、29.5kg-m/4400rpmと、3Lにしてはおとなしめだが、水平対向独特の滑らかなパワーフィールを実現している。また、可変吸気システムを装備しているが、重量はフラット4ターボとほぼ同じ、またサイズも20mm長いだけと非常に軽量かつコンパクトに作られている。

回すとまず静か。アイドリング振動が非常に小さく滑らかさでもフラット4ターボの上を行く。この点だけとってもターボとの個性の違いが感じられる。発進時、アクセルの動きにスムーズに反応するので、ターボの溜めて走る雰囲気とは違った素直さを感じた。このスムーズさがフラット6の持ち味だ。例えばコーナーの立ち上がり時、シーケンシャルターボを採用するフラット4ターボよりも素直なレスポンスでスッと加速していく。絶対的な動力性能ではターボモデルに敵わないが、気持ち良さではフラット6のほうが上だろう。

ハンドリングに関しては少し早めに操舵をすると、ターボモデルに比べて初期応答性に若干の遅れが生じる。しかし旋回中のグリップや運動性能ではターボモデル並のダイナミックさをもっており、走りのクオリティの点でターボモデルとの差はないといえるだろう。走行中の音や乗り心地は上質だ。
こんな人にオススメ
“レガシィは気になるが、ターボはどうも嫌いと”いう人は、もちろんOK。静かで自然な感性に合う自然吸気のフラット6に圧倒的なパワーはないが、いわゆる酸いも甘いも経験した大人の味をもつ。剛性の高いシャーシと熟成された4WDシステム、そしてターボモデルと同価格という点、多いに魅力的なはずだ。
SPECIFICATIONS
グレード B4 RS30
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4605×1695×1410
ホイールベース(mm) 2650
車両重量(kg) 1490
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向6気筒DOHC
総排気量(cc) 2999
最高出力 162kW(220ps)/6000rpm
最大トルク 289N・m(29.5kg-m)/4400rpm
車両本体価格 275.8万円
写真:桜井健雄 文:日下部保雄
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027