新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 RVR【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

三菱 RVR【ニューモデル】 / navi

(2010/04/14)

走りは軽快で、使い勝手も良いコンパクトSUV

  • 三菱 RVR 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 RVR パノラマガラスルーフ|ニューモデル試乗
  • 三菱 RVR ヘッドランプ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

ジャストサイズを狙ったSUV

アウトランダーのプラットフォームを流用したコンパクトSUV。ホイールベースを変えずに前後のオーバーハングなどを切り詰め、街中でも取り回しのしやすいボディとした。駆動方式はFFと4WD。エンジンはギャランフォルティスなどと同じ1.8L直4。これに6速スポーツモード付きのCVTを組み合わせる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

走りは軽快。乗り心地も良好

SUVは「重く、加速が鈍い」とイメージされることも少なくないが、RVRの走りは4WDモデルでも非常に軽快だ。試乗した最上級グレードでも1.5 tを切る車両重量。足回りは安定感と乗り心地をうまくバランスさせたセッティング。個人的には日産デュアリスのような切れ味も欲しいが、特に不満はない。
  • 三菱 RVR インパネ|ニューモデル試乗
  • 三菱 RVR リアシート|ニューモデル試乗
  • 三菱 RVR エンジン|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

広く、使い勝手がいい

SUVとしてはコンパクトなサイズに入るRVRだが、ホイールベースをアウトランダーと同じに保つことで見た目以上に室内が広々としている。地面からのヒップポイントは絶妙で乗り降りが非常にしやすい。ラゲージもシートアレンジがワンタッチで行える機能や床下収納など使い勝手は非常にいい。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

誰にでも支持される出来の良さ

SUVというカテゴリーには属しているが、特に少し高めのアイポイントが生み出す視界の良さや取り回しのしやすいボディサイズなど奥様の買い物車としてもGood。もちろん家族でのロングドライブもOKだし、レジャーシーンでも様になる。要は使うシーンを選ばずオールラウンドに使えるということ。
SPECIFICATIONS
グレード G
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4295×1770×1615
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg) 1430
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1798
最高出力 102kW(139ps)/6000rpm
最大トルク 172N・m(17.5kg-m)/4200rpm
車両本体価格 178万5000~244万965万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価17/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
オーディオはレス仕様。4スピーカーとルーフアンテナは装備されているので2DINサイズのスペースに好みのモデルを選んで装着すればいい。純正ナビも進化しているが、基本性能にはまだ不満がある。
SAFETY(安全性)4/ 5
VSC+TRCはSRSサイド&三菱の車両安定デバイスはASCと呼ばれる。4WD全グレードに標準装備、2WD車には9万4000円でメーカーオプションとなる。リアシートは3座分きちんと3点式シートベルトが設定されている点もgood。
ECO(環境性能)4/ 5
全グレード2005年排出ガス基準75%、2010年度燃費基準も+15%を達成することで、エコカー減税に対応。Gグレードの4WD車の場合、環境対応補助をプラスして17万5000円の軽減が受けられる。
MILEAGE(燃費)2/ 5
10・15モード燃費は4WD車で13.8km/L、2WD車なら15.2km/Lと星3つになる。レギュラーガソリン仕様で減速時のエネルギーをバッテリーに集中充電する回生システムなども採用し実用燃費を高めている。
VALUE(バリュー)5/ 5
エントリーモデルのEの2WD車は178万5000円とこのクラスとしてはかなり思い切った価格戦略を打ち出している。このEでも装備は一通り揃っているので、あとは好みの装備をプラスすればいい。
写真:篠原晃一、尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027