新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ パッソ/ダイハツ ブーン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ パッソ/ダイハツ ブーン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/04/15)

女性による、女性のためのかわいい&快適アクティブカー!

  • トヨタ パッソ+Hana 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ パッソ+Hana インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ パッソ+Hana  フロントシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

女性開発チームによる車作り

旧型同様、トヨタとダイハツの共同開発車。女性スタッフを中心に女性目線での車作りに取り組んだ点が特徴。シンプルかつクリーンなデザインを共有するが、パッソ(トヨタ)のみ上質感などをより高めた+Hana(プラスハナ)というグレードを設定。エンジンは1.3Lと1L、全グレードCVTを組み合わせる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

旧型より大きく向上したNV性能

乗ってみて旧型より大きく進化した点は2つ。旧型の1Lエンジンは振動が大きくやや不快な点もあったのだが、新型はNV(騒音と振動)をうまく抑えることに成功している。もう一つは視界の良さによる取り回しのしやすさ。1L車の一部グレードの最小回転半径は4.3mと軽自動車並み。乗り心地も十分満足。
  • ダイハツ ブーン 外観|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ブーン インパネ|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ブーン フロントシート|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

気が利く収納はちょっと嬉しい

収納の多さは最近の車では当たり前のセールスポイントだが、この車は使うであろうシーンをうまく想定し、使い勝手の良さを実現している。例えばすっと手を伸ばしたところにある買い物フック、小さなバッグを置いておけるマルチトレイなど、女性ユーザーを意識した気配りが感じられる。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

アクティブな女性にピッタリ

シンプルな中にも自分をさりげなく表現し、長くつき合っていけそうな飽きのこないデザイン。新鮮かつフレッシュ感のあるボディカラー。また環境にも配慮した技術面のバックボーンなど、アクティブなライフスタイルを楽しみたい女性にオススメ。言葉を換えれば人に優しい車と言えそうだ。
SPECIFICATIONS
グレード パッソ1.0+Hana
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3650×1665×1535
ホイールベース(mm) 2440
車両重量(kg) 910
乗車定員 5人
エンジン種類 直3DOHC
総排気量(cc) 996
最高出力 51kW(69ps)/6000rpm
最大トルク 92N・m(9.4kg-m)/3600rpm
車両本体価格 100万~147万円(パッソ)
110万~143万500円(ブーン)
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価18/ 25
EQUIPMENT(装備)3/ 5
おサイフの管理がしっかりしている女性に後からオーディオを追加させるなんてことはできない。ってことで1.0+Hanaにはシンプル で使いやすいCD/FM/AM&2スピーカーが標準装備される。
SAFETY(安全性)2/ 5
車両安定デバイスであるVSCとTRCを最廉価グレード以外にオプション設定した点は旧型より一歩前進。SRSサイドエアバッグも含め、これらはすべて標準装備化してくれることを切に願いたい。
ECO(環境性能)5/ 5
2005年基準排出ガス75%は全グレード達成。1L車のFFグレードは2010年度燃費基準は+25%を達成。1.0+Hanaの場合、エコカー減税やグリーン税制、補助金で約17万8600円が優遇される。
MILEAGE(燃費)4/ 5
1Lの場合、10・15モード燃費はFF車なら22.5km/Lと優秀。エンジン自体の改良はもちろん、CVTの採用が燃費向上に大きく利いている。またエコ運転に役立つ燃費計が全グレードに標準装備される。
VALUE(バリュー)4/ 5
モノの価値に厳しい女性ユーザーには「カワイイ」だけでは通用しない。商品だけでなく、装備などもトータルでのコストパフォーマンスの高さが要求される。その点ではこの車いい線いっている。
写真:篠原晃一、尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027