新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ マークII ブリッド【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ マークII ブリッド【プレイバック試乗】 / navi

(2010/04/27)

セダンよりもシャッキリした乗り心地で、おトク度高し

  • トヨタ マークII ブリッド 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ マークII ブリッド インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
セダンベースだが仕上げは違う車
先代モデルとなったマークIIのワゴン版であるクオリスは、実はマークIIとは縁もゆかりもないアメリカ仕様のカムリをベースとしており、可能な限りマークIIに見えるように仕立てたモデルだった。

しかしトヨタは、クオリスの後継モデルであるブリットを企画するにあたり、後輪駆動の現行型マークIIセダンをベースとしつつも“なるべくマークIIとは違う車にしたい”と考えたそうな。このあたり、スカイラインをベースにして全く違う車としてデビューさせた、日産ステージアと同じ考え方といえる。ただ特徴的なフロントマスクを含め、そのスタイルやデザインに、大いに問題あり。“好き嫌いが分かれる”というべきなのだろうけれど、好意的に評価しても好き派が2割、“う~ん!”派が8割といったあたりじゃなかろうか。
室内&荷室空間
ワゴンとしての素質はステージアが上か
運転席&助手席は、セダンのマークIIと同じ。リアシートも基本的には同じなのだけれど、ライバルといえるステージアなどと比べれば、若干レッグスペースが物足りないという感じ。また、リアシートのヘッドレストは固定式で、2人分しかない。これでは大柄な人が後席に座ると、ヘッドレストが頭より低い位置となってしまい、衝突時に不安。後席の衝突安全基準というのは実は定められてないため、法規的な問題はないものの、このクラスの装備内容としちゃあ寂しい。しかもレガシィなどは、3人分のヘッドレストが付くのだから。

ラゲージもステージアと比べれば床面が高く、絶対的なスペースも勝てていない。もしステーションワゴンとしての性能を重視するのであれば、やや厳しいと思う。でも質感は非常に高い。
  • トヨタ マークII ブリッド リアシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ マークII ブリッド ラゲージ|ニューモデル試乗
ドライブフィール
狙ったラインのトレースが可能
売れ筋グレードになりそうなのは、セダンのマークIIと同じく2Lエンジンを搭載したモデルだと思う。ちなみに2.5Lエンジンのモデルは、同じ装備内容のステージアの2.5Lより20万円ほど高い。

試乗してみると、セダンよりシャッキリとした乗り心地をもっていた。セダンはいわゆる“ダンナ仕様”的な乗り心地なのだが、ブリットはハンドリングもスポーティで、狙ったラインをキッチリとトレースすることが可能。特に280馬力を発生するターボエンジン搭載車の足回りはより締め上げられたセッティングとなっており、攻めても平気だった。

VSC(横滑りを安定させる機構)はM・ベンツやBMWのものと同じく、“楽しさを邪魔しない”程度の上手な味つけ。買った人の満足度は、高いのではないだろうか。
こんな人にオススメ
マークIIクラスのステーションワゴンは、ステージアとこのブリットのみ。ステーションワゴンの資質を考えるとステージア優勢ながら、トヨタファンとしちゃそうもいかないだろう。走りよりも、質感を重視する人は、2Lエンジンでも十分に満足できる。スタイルが気に入れば、コストパフォーマンスは高い車だ。
SPECIFICATIONS
グレード 2.5iR-V
駆動方式 FR
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4775×1760×1470
ホイールベース(mm) 2780
車両重量(kg) 1620
乗車定員 5人
エンジン種類 直6DOHCターボ
総排気量(cc) 2491
最高出力 206kW(280ps)/6200rpm
最大トルク 378N・m(38.5kg-m)/2400rpm
車両本体価格 339.0万円
写真:桜井健雄 文:国沢光宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027