新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル フォレスター【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スバル フォレスター【プレイバック試乗】 / navi

(2010/05/07)

じゃじゃ馬”から、スムーズで安定感あるサラブレッドへ

  • スバル フォレスター 走り|ニューモデル試乗
  • スバル フォレスター インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
インプレッサベースで初代と同様の高速SUV
スバルは、その企業規模から数多くのプラットフォーム戦略をとれないことを逆手にとって、インプレッサのプラットフォームを使った高速SUVを作り上げ、新カテゴリーを創造した。

それが初代フォレスターで、発売当初はそのコンセプトが理解されにくかったが、SUVの特性が知れわたるようになると人気が急上昇し、ホンダCR-VやトヨタRAV4といったライバルが多いこのカテゴリーでトップをとったことも少なくない。

新型フォレスターもインプレッサベースの高速SUVというコンセプトは変わらず、SUVのタフネスさと乗用車の使い勝手を融合したクロスオーバーSUVを目指し、さらにスタイルに磨きをかけている。エンジンはスバル得意のフラット4でNAとターボの2機種がある。もちろん全グレード、スバルらしくフルタイム4WDである。
室内&荷室空間
高いアイポイントから視界はより良好となった
パッケージングを重視するスバルだけに、限られたホイールベース(2525mm)を最大に生かしたキャビンをもつ。このホイールベース長は従来のフォレスター同様だが、アイポイントを高く取った着座姿勢による視界の良さが特徴で、従来よりもさらにシートの調整幅を広げて多くのユーザーにあうようになっている。

リアシートは、従来はレッグスペースがやや不足気味だったが、シート形状を工夫して、スペースを稼ぎ出している。特にフロントシートの下に爪先がゆったりと入るので、実用性は高い。

ラゲージスペースは床をフラットにしてリアシートのシートバックを倒すと、さらにフラットで長いスペースができる。絶対的な全長が短いので、広大というわけではないが、自転車やスキーなどのかさばるものも積める。
  • スバル フォレスター ラゲージ|ニューモデル試乗
  • スバル フォレスター エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
乗り心地と静粛性はかなりの向上をみせる
スバルらしい独特のフラット4ビートはかなり抑えられているが、明らかに直列4気筒とは違ったスムーズな回転フィールをもつ。2Lターボエンジンは220ps/31.5kg-mを発生。従来が240ps/31.5kg-mだったため、20psのパワーダウンだ。しかし実際には低中速トルクがグンと上がっているので、パワーをより有効に生かせるセッティングになった。つまり現実的に使いやすいパワーになっている。137psのNAエンジンも実力派で、市街地などではこちらでも十二分に速い。

もう一つ、乗り心地と静粛性が大幅に向上しており、実は今度のフルチェンジでの最大の魅力だ。ロードノイズの低減や路面からの突き上げの減少効果が大きい。ハンドリングも従来よりも滑らかさが増して、コーナーで余裕あるグルップをみせる。
こんな人にオススメ
高い最低地上高はアクティブに行動する人には大きな武器。走破力が高く、道を選ばない。さらに存在感をもちながらも、良い意味で都会に溶け込むスタイルとなったので、様々なシーンで似合う。スポーツマン/ウーマンにはビジネスにもオフにも使える最適な一台だ。
SPECIFICATIONS
グレード XT(AT)
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4450×1735×1585
ホイールベース(mm) 2525
車両重量(kg) 1410
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力 162kW(220ps)/5500rpm
最大トルク 309N・m(31.5kg-m)/3500rpm
車両本体価格 229.5万円 
写真:桜井健雄 文:日下部保雄
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027