新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V70 T-5スポーツ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ V70 T-5スポーツ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/05/11)

僅かなアクセルワークで流れをリードする余裕のパワー

  • ボルボ V70 T-5スポーツ 走り|ニューモデル試乗
  • ボルボ V70 T-5スポーツ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
限定スポーティモデルをラインナップに加えた
V70シリーズの2001年の販売台数は、1万台強。プレミアムステーションワゴン市場において、これに勝るモデルは、国産輸入を問わずない。クラウンエステートはトヨタの販売力をもってしても6000台強であったというから、いかにV70の人気が高いかがわかるだろう。

T-5スポーツは、そもそも現行V70がデビューした2000年に500台、翌2001年に400台だけ限定販売したモデルで、いずれも即完売状態の人気であったため、今年はラインナップに加えてみた、というわけだ。

2.3L直5DOHC20バルブユニットは可変バルブタイミング機構とハイプレッシャーターボによって、250psという高出力を達成。さらに2002年モデルでは、インテークマニホールドやスロットルモジュール、フロント触媒の改良/変更により、低燃費・低排出ガス性能を実現した。
室内&荷室空間
素晴らしいオーディオと豪華なインテリア
エクステリアでは17インチの専用デザインアルミホイールが目立つ程度だが、インテリアには他グレードとの一層の差別化が施されている。

今回初採用となるのが、スポーツレザーシートとアルミニウムパネルだ。サイドのサポートを強めたバケットタイプのシートとし、カラーパターンも5色が用意される。鈍く輝くアルミニウムパネルはダッシュの一部とドアハンドル周辺に配され、クールで硬質な雰囲気だ。その他、シフトノブやハンドブレーキノブが革製になり、トリップメーターやクルーズコントロールなども標準で装備されている。

機能面では、新型のダイナミックスタビリティ&トラクションコントロールやエマージェンシーブレーキアシスタンスが新採用となった。ドルビーサラウンドによる音響はまるでホームシアター感覚だ。
  • ボルボ V70 T-5スポーツ インパネ|ニューモデル試乗
  • ボルボ V70 T-5スポーツ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
高速での安定感が増す18インチスポーツサス
250psのスポーツ仕様だからといって、アクセルをガンガン踏んでかっ飛ぶのは、この車のスタイルに合わない走り方だ。軽めのアクセルペダルをホンの少しだけ踏み込めばグィと車は前へ進み、ある程度の速度域に達したら、その後は親指一本の力を加減するだけで常に流れをリードする。そんな余裕しゃくしゃくのドライブこそV70シリーズのトップレンジにふさわしい。実際、街中では5分の1以上アクセルを踏み込む必要はないのだ。

オプション設定の18インチホイールスポーツサス仕様にも試乗した。高速道路でのレーンチェンジなどで明らかにフラット感が増し、安定した走りを見せる。街中での乗り心地の犠牲も最小限。ハンドリングは切り始めのクイック感が増す。もっともミシュランパイロットスポーツのパターンノイズは気に障るのだが…。
こんな人にオススメ
最も売れているプレミアムワゴン。欲しいんだけど街でよく見かけるのがなんとなく嫌だなあ、という方へ。最上級にして最高のパフォーマンスだから、鼻高々に乗ることができるでしょう。あとは、高速道路での長距離移動が多い方。18インチホイール仕様にして乗ってみてください。ラクです。それ以外は普通の2.4で十分!
SPECIFICATIONS
グレード T-5スポーツ
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4710×1815×1470
ホイールベース(mm) 2755
車両重量(kg) 1620
乗車定員 5人
エンジン種類 直列5気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 2318
最高出力 184kW(250ps)/5200rpm
最大トルク 330N・m(33.7c)/2400~5200rpm
車両本体価格 575.0万円
写真:芳賀元昌 文:西川 淳
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027