新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧VW ニュービートル ターボ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

VW ニュービートル ターボ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/05/17)

クルージングでリラックスできる、余裕のパワーとトルク

  • VW ニュービートル ターボ 走り|ニューモデル試乗
  • VW ニュービートル ターボ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
ゴルフGTIのエンジンを搭載したターボビートル
空冷リアエンジン時代のVWビートルには、ポルシェ911とは違いターボが設定されていなかった。ゆえにこのモデルが史上初のターボビートルとなる。

自然吸気モデルの2LSOHC8バルブエンジンに代わり搭載されるのは、ゴルフGTIでお馴染みの1.8LDOHC20バルブターボエンジン。最高出力110kW、最大トルク220N・mと、GTIのエンジンよりもトルクは若干太くなっている。ミッションはATのみだが、GTIの5速に対して4速となる。

自然吸気には標準モデルとレザーシートなどを奢ったプラスモデルが設定されているが、ターボは標準モデルのみ。だが装備はプラスにほぼ準じている。外観では専用デザインのアロイホイールと速度感応式の電動リアスポイラーの装着が特徴だが、価格はプラスのわずか4万円高に抑えられている。
室内&荷室空間
スポーツシート以外は自然吸気モデルと共通
自然吸気モデルのプラスとインテリアで異なる点は、サイドの張り出しが大きくなった本革張りのスポーツシートだけ。それ以外では、あっけないほど特別な仕立てを施していない。スポーツシートはがっしりとした大柄なアメリカ人やドイツ人用という感じで平均的日本人にとってはサポートがルーズだが、それがまたビートルっぽくていいのかもしれない。硬めで姿勢をピシッとさせるシートクッションは、VWのスタンダードといえるものだ。

大きな半円形の速度計をメインに置くメーター、センターパネルの脇に付く一輪挿し、大人には狭いリアシート、実用車としては最小限のラゲージスペースなど、その他の部分は自然吸気モデルのニュービートルそのまま。もう少しスポーティな装いを施してほしいと思うのは、僕だけなのだろうか。
  • VW ニュービートル ターボ インパネ|ニューモデル試乗
  • VW ニュービートル ターボ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
排気量2.4Lくらいの雰囲気を与えるターボ
2000rpmあたりでターボが穏やかに利き始めてからの加速は、自然吸気モデルとは別物。排気量でいえば2.4Lぐらいの雰囲気だ。追い越し加速でもキックダウンは不要で、アクセルを軽く踏んで過給が高まるのを待てばいい。その瞬間は、とてもリラックスできる。

もう一つの違いは音。SOHCよりひと世代新しいDOHC20バルブエンジンにターボが装着されているので、回転は滑らかでボリュームも抑えられている。ATは4速といえど、ニュービートルのキャラクターを考えると5ATよりも合っていた。

足回りは多少固められている。素直なハンドリングは今まで通りだが、荒れた路面でタイヤがドタバタするのが気になる。車両感覚もつかみにくいし、余裕のパワーとトルクで高速道路をクルージングするのが似合う車ではないか。
こんな人にオススメ
ファッショナブルな乗り物としてつき合うだけでなく、旅行などにもガンガンこの車で行きたいと思っている、つまり個性派GTとして乗りたい人に最適。ゴルフGTIのような正統派ではなく、シャレの利いたホットハッチが欲しいという人にも向いているかも。ただしミニクーパーとは方向性が全然違うので、そのあ たりはお間違えなきように。
SPECIFICATIONS
グレード ターボ
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4090×1730×1500
ホイールベース(mm) 2515
車両重量(kg) 1310
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1780
最高出力 110kW(150ps)/5800rpm
最大トルク 220N・m(22.4kg-m)/2000~4200rpm
車両本体価格 293.0万円
写真:渡邉英昭 文:森口将之
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027