新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 607【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 607【プレイバック試乗】 / navi

(2010/05/21)

全てにおいて“サラリ”とした味わいを放つ高級サルーン

  • プジョー 607 走り|ニューモデル試乗
  • プジョー 607 リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
今だから入れておきたいプジョーのフラッグシップ
近頃、ここ日本では史上最高の販売台数を更新しまくりと、とにかく絶好調のセールスを続けるプジョー。その原動力はなにはともあれ小型車の206シリーズだ。

が、これだけお馴染みいただいたからには、小さいのだけでなく大きいのも全部面倒みます、という体制を敷いときたいというのがプジョー側の本音。フルラインメーカーとしての認知度向上や商機の拡大を図るに、確かに現在は絶好のタイミングである。

というワケで今回導入されたのは、M・ベンツEクラスやBMW5シリーズと同級となるプジョーの最高級サルーン、607シリーズ。欧州ではすでに2年前より市場投入されているが、初期の不具合が改善され、車が熟成された今こそ日本導入のいい機会、とプジョー側はアナウンスしている。
室内&荷室空間
日本車に迫る充実装備。注文色も豊富に用意
日本でいうトヨタクラウン/日産セドリックのようなカンパニーカー的ニーズを、本国で担う607。それだけに室内空間、荷室空間ともに十分すぎるほどの容量が取られている。特にトランクの大きさ(600L)は少し劇的。そのうえ、欧州車らしくリアシートは分割可倒式となっており、これでもかの積載量を誇る。

装備についても不満はない。CD-ROMタイプのナビを含め、あらかたのアメニティは標準で用意。グレードは2種類あり、スポーツはファブリックシートの黒内装に白メーター、コンフォートはボディカラーに応じて3色の本革シートと2色の内装に黒メーターを装備する。そのボディカラーは標準3色、注文5色の計8色が用意。注文色に別途代金がかからない点は好印象。タイヤサイズも2種用意される。
  • プジョー 607 インパネ|ニューモデル試乗
  • プジョー 607 エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
ライバル車とは一線画す、上品なドライブフィール
まず嬉しかったのは、プジョーの命である上質なステアリングフィールが戻ってきたということ。ドイツ系のゴリッとしたタッチに慣れた人は“軽すぎ”と感じるだろうが、回転時の弾性にはヤミツキ系の心地よさがある。それにもかかわらず操舵に対して応答や情報が薄いというわけではない。不利なFFでよくここまでの味を出せるものだ、と感心させられる。

電子制御のサスは、後部に人や荷物などが載った一定のロードを想定しているため、1人乗車ではやや尻軽な印象。ただし605の美点であった“サラリ”とした優しさは十分に引き継がれている。エンジンは低回転域のマネジメントが相変わらずでやや雑味が残るが、中~高回転での吹け上がりは滑らかかつ軽快。動力性能的にも車のキャラにマッチしている。
こんな人にオススメ
個人的には、406セダンと並ぶベストプジョーであり、サーブ9-5と並ぶこのクラスの大穴物件だと思う。ドイツ車も飽きたなあというような人には、ぜひ一度触ってもらいたい。というわけでお勧めしたいのはコンフォート。装備を考えればお値頃感も高く、標準装着タイヤとのマッチングもベターだと思う。
SPECIFICATIONS
グレード コンフォート
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4875×1830×1460
ホイールベース(mm) 2800
車両重量(kg) 1610
乗車定員 5人
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 2946
最高出力 152kW(206ps)/6000rpm
最大トルク 285N・m(29.0kg-m)/3750rpm
車両本体価格 498.0万円
写真:橋本 玲 文:渡辺敏史
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027