新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー Xタイプ 2.0 V6【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

ジャガー Xタイプ 2.0 V6【プレイバック試乗】 / navi

(2010/05/31)

乗り心地はよりマイルドに、エンジンの伸びはスムーズ

  • ジャガー Xタイプ 2.0 V6 走り|ニューモデル試乗
  • ジャガー Xタイプ 2.0 V6 インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
顧客層の拡大を狙うジャガー初のFFモデル
「今までのジャガーは“not for me”だけど、これはいいかも…」。ジャガーのエントリーモデルであるXタイプは、こういった多くの人にジャガーを身近な存在として認知してもらおうという使命をもって、昨年、日本市場にも登場した。

その追加車種として投入されたモデルが今回の2.0 V6で、待たれていたジャガー初のFFモデルである。

ちなみにジャガージャパンによると、これまでXタイプを購入したユーザーの約5割は、前保有車が国産車だったという。さらに今回の2.0 V6の追加で、それが約7割にまで増えるのでは?と、予測しているという。2.0 V6のグレードは単一の設定で、価格は365万円。これはアウディA4のベースモデル、2.0より3万円高いが、M・ベンツCクラス、BMW3シリーズよりも低めの設定だ。
室内&荷室空間
雰囲気は4WDと同様DVDナビを標準装備
電動&パワーシートこそ備わらないが、室内のムードは4WDのXタイプと変わらない。感心するのはDVDナビが標準装備される点だ。バーズアイメープルウッドのインパネや、J型シフトゲートなども見慣れた光景だ。後席スペースはそこそこのレベルだが、弧を描くサイドウインドウのラインはジャガーならではといえる。
  • ジャガー Xタイプ 2.0 V6 リアシート|ニューモデル試乗
  • ジャガー Xタイプ 2.0 V6 エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
素直な姿勢変化には好感。しなやかさがより欲しい
動力性能は予想以上に快活だった。さすがに2000rpmを下回ると反応が鈍くなるが、シフト操作でカバーしながら回転を保つと、有効なパワーを引き出してドライブできる。回転の伸び自体も非常にスムーズ。エンジン音はそれほど色気のあるものではないが、高回転域でも耳障りではない。乗り心地は、4WDモデルに比べると若干マイルドになった印象を受ける。けれど“多くの人が期待したとおりのジャガーであること(プレゼンの資料より)”とするなら、さらに滑らかな身のこなしを期待してしまうのは僕だけか?

試乗車の装着タイヤはピレリP6000 POWERGYだった。それ自体は欧州のサルーンカーによく採用されているタイヤだが、コーナーを次々とパスするような場面でもXタイプの足回りは、しっかりと接地感を確保してくれる。ステアリングフィールが“薄い”にもかかわらず、だ。

車の素直な姿勢変化にも好感がもてる。が、低速時に時としてゴツつき感を感じるのが残念。ジャガーなら重厚感はそのままに、よりしなやかな“振る舞い”ならなおいい気もする。しかし現状でも、FMから流れてきた曲を聴きながら走っていると、ずっとこうしていたいと思わせてくれた。
こんな人にオススメ
スペック至上主義のユーザーではなく、やはり、叙情的にムードを大事にする人、個性を重視する人が乗りこなすべき車なのだろう。とはいえSタイプよりもさらに若々しいイメージであることは確かで、「アドリアティック」と呼ばれるやや明るいブルーメタリックなど選んで乗れば、相当スマートに見えそうだ。
SPECIFICATIONS
グレード 2.0 V6
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4685×1790×1420
ホイールベース(mm) 2710
車両重量(kg) 1520
乗車定員 5人
エンジン種類 水冷V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 2096
最高出力 117kW(159ps)/6800rpm
最大トルク 200N・m(20.4kg-m)/4100rpm
車両本体価格 365.0万円
写真:橋本 玲 文:島崎七生人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027