新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ NSX タイプR【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ NSX タイプR【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/03)

絶対速度とコントロール性を向上させて、戦闘力を大幅UP

  • ホンダ NSX タイプR 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ NSX タイプR リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
サーキット重視で初代の正常進化版
バブル景気のピーク時に登場したNSXは、発売と同時に納期8年という声が出るほどの人気となった。しかし景気の後退とともに、キャンセルが相次ぐ。そんな状況の中、ライバルのポルシェ911はRSなるスポーツバージョンをデビューさせた。

本来なら排気量の拡大など大幅なバージョンアップでポルシェに対抗すべきだったのだろうが、残念ながらホンダ自身の業績も悪化。しかし逆に考えるなら販売台数が落ち着き、熟練した技術者を確保できる環境は整った。

それじゃあ、ということでエンジンのバランスを入念に取り、足回りを固め、ボディを軽量化してリリースされたのが初代NSX-Rだったというわけ。1995年のマイナーチェンジでカタログから消えたのだが、NSXの進化とともにリバイバルデビューとなった。
室内&荷室空間
エンジンのチューン度はレーシングエンジン並み
新型NSX-Rの最大のポイントは、3.2Lになったエンジンだろう。タイヤのサイズアップやボディの補強などによって、初代より25.6kgも重くなってはいるが、レーシングエンジンと同様の手作業によるバランス取りを行い、ギアレシオも引き下げられるなど(ミッションは6速になった)、モディファイの王道を行く入念なチューニングが施されている。

ボディは空力を重視してリファイン。足回りは、高い評価を得ていた初代NSX-Rをベースに再セッティング。ドアを開けると、真っ赤なレカロの軽量シートが目に飛び込んでくる。座った瞬間から“その気”にさせられてしまいます。またエアバッグはオプション扱い。もちろん標準のエアバッグなしMOMO製ステアリングでも、衝突安全基準はクリアしているとのこと。
  • ホンダ NSX タイプR インパネ|ニューモデル試乗
  • ホンダ NSX タイプR エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
路面の感触などがダイレクトに伝わる
では試乗と行こう!カッチリした手応えのギアを1速に入れ、テストコースに飛び出す。タイヤが暖まったのを確認して全開にすると、新型のドライブフィールはもはや感性のカタマリの如し。路面の感触からタイヤの滑り具合まで、ドライバーにダイレクトな情報としてすべて入ってくるのだ。

だからこそ初代NSX-Rよりも絶対的な速度が高い割に、コントロールしやすい。バンピーな路面で多少ABSの制御が不安定になるのを除けば、ミッドシップとしちゃあ最高の仕上がり。今回は確認できなかったけれど、高速域ではボディが発生するダウンフォースで安定性を確保するそうな。熱心なNSXファンにとっちゃこの新型、最高の相棒になってくれるんじゃなかろうか。ブリヂストンが専用開発したタイヤも素晴らしい出来でした。
こんな人にオススメ
価格は1195万7000円。最高速285km/hというカタログデータをもつポルシェ911は990万円で買えてしまう。金額差200万円をつぎ込めば、同じくらい速い911を作れるんじゃなかろうか。ということで、NSX-Rを選ぶヒトは“熱心なNSXファンと” いうことになるだろう。加えて“国産スポーツカー命と” いう人にも。
SPECIFICATIONS
グレード タイプR
駆動方式 MR
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4430×1810×1160
ホイールベース(mm) 2530
車両重量(kg) 1270
乗車定員 2人
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 3179
最高出力 206kW(280ps)/ 7300rpm
最大トルク 304N・m(31.0kg-m)/5300rpm
車両本体価格 1195.7万円 
写真:桜井健雄 文:国沢光宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027