新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォード モンデオ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

フォード モンデオ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/10)

500ccの排気量アップと新開発AT搭載で不満を解消

  • フォード モンデオ 走り|ニューモデル試乗
  • フォード モンデオ インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
期待に応える追加モデル。2.5LのV6エンジン搭載
ヨーロッパをメインマーケットにしているモンデオは2000年に現行のスタイルとなった。日本でのデビューは2001年。2Lエンジンを搭載しての登場だったが、その大きなボディにはやや非力な感じは否めなかった。そこで今回、4ドアセダンとステーションワゴンのそれぞれに2.5LのV6エンジンを搭載した「V6 ギア」を追加、ラインナップの充実を実施している。

ミッションは新開発のマニュアルモード付き5速AT。このATはセンサーが運転状況や走行条件などを判断し、10タイプのモードから最適なシフトパターンを選択。学習機能まで備わる優れものである。このほかV6専用装備としてオートレベライザー付きHIDヘッドランプ、ESP(横滑り防止装置)も採用。ワゴンにはフロントワイパーと連動するオートリアワイパーも備わる。
室内&荷室空間
余裕の荷室スペースはマークIIやM・ベンツを凌ぐ
モンデオワゴンのボディはマークIIのワゴン(ブリット)よりも50mmも幅が広い。リアのラゲージスペースも奥行きは1m以上あり、左右の幅は1.1~1.4mもある。これなどはM・ベンツのEクラスワゴンに匹敵する広さだ。ゲートの開口部も割と低い位置から開くので、これも十分に使いやすいといえる。

セダンのトランクスペースはワゴンほどには広くないが、それでも1m以上の奥行き、幅を確保しており、やはりEクラスのセダンよりも広い。ただし開口部はワゴンより10cm以上も高いので、重量物の出し入れはちょっとつらいかも。

リアシートはワゴン、セダンともに6:4分割で背もたれを前に倒すことが可能。座面は一体式で引き起こすこともできる。シートはフロント、リアともにサイズはたっぷりとしている。
  • フォード モンデオ エンジン|ニューモデル試乗
  • フォード モンデオ ラゲージ|ニューモデル試乗
ドライブフィール
Dレンジで満足できる新採用5速ATの走り
2Lモデル比25ps、3.0kg-mアップとなる2.5Lモデルは、最高出力/最大トルクで170ps/22.4kg-mを発生。車両重量はワゴン、セダンともに90kg増となるが、加速性能では10%程度改善された。

5速ATはDレンジとマニュアルモードを備える。マニュアルモードは前に倒してシフトダウン、後ろに引くとシフトアップというスポーツシフトで、BMWのM3などと同じポジションとなる。

2.5LのV6エンジンはスムーズに6500回転まで吹け上がり軽快な印象。しかも5000回転でもエンジン音の高まりは少なく、上級モデルの上品さも持ち合わせる。 サスペンションはコーナーでのロールはしなやかで安定感があり、ワゴンでもスポーティな走りは十分に味わえる。マニュアルモードもよいが、Dレンジでも満足。
こんな人にオススメ
輸入車に乗る楽しみというのは人によって様々。では、モンデオに乗る楽しみは?というと、国産車では味わえないフィーリングを体感することに尽きる。また、ブランドではなく実用性重視の輸入車に乗る、というちょっと“通”っぽい選択も自慢できるかも。M・ベンツCクラスやBMW3シリーズよりも広さや経済性が上である点も見逃せない。
SPECIFICATIONS
グレード ワゴン V6 ギア
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4805×1810×1470
ホイールベース(mm) 2755
車両重量(kg) 1560
乗車定員 5人
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 2494
最高出力 125kW(170ps)/ 6000rpm
最大トルク 220N・m(22.4kg-m)/4250rpm
車両本体価格 338.0万円
写真:芳賀元昌 文:石川真禧照
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027