新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ ワゴンRソリオ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

スズキ ワゴンRソリオ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/14)

リーズナブルな価格で街乗りにもジャストフィットな1台!

  • スズキ ワゴンRソリオ 走り|ニューモデル試乗
  • スズキ ワゴンRソリオ インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
充実した仕様と買い得な価格設定で手頃な一台!
ワゴンRソリオ、と言われてもあまりピンとこない人が多いかもしれない。軽自動車のワゴンRは大ベストセラーカーだが、それをベースに1Lと1.3Lの4気筒エンジンを搭載し、ワイドボディの登録車に仕上げたのがソリオ。だが、実情としては注目度の低い車であるのも事実だった。

そんなソリオに今回のマイナーチェンジで追加されたのが1.3LのWELLというグレード。内外装に専用の仕様を施すなどデザインを見直したうえで、リーズナブルな価格を設定した。2WDのコラムAT車が113万円という価格設定はこのクラスの競合車と比較しても十分に買い得な印象を与える。

トールボーイ系のボディによる広い室内と、手頃な価格の組み合わせで実用性を重視するユーザーに訴求できる仕上がりになった。
室内&荷室空間
リアシートは分割可倒式。前後スライドも追加!
今回のマイナーチェンジでは、まずインパネ回りのデザインが大きく変更された。オーディオ用のスペースが高い位置に変更され、同時に収納スペースやカップホルダーの形状と位置を見直すことによって、全体的な使い勝手を向上させている。1.3WELLのオーディオには1DINタイプのCDステレオが標準で装備される。

シートは座り心地とホールド性とをバランスさせたセミバケットタイプのベンチシートで、コラムATの採用によって前席の横方向のウォークスルーが可能。シート表皮やドアトリムなども新しいものに変更されている。

それ以上に注目されるのがリアシートで、前後に105mm動かすことのできるスライド機構が採用された。分割可倒式と合わせて使い勝手を大きく向上させている。
  • スズキ ワゴンRソリオ リアシート|ニューモデル試乗
  • スズキ ワゴンRソリオ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
動力性能は平均レベル。柔らかめの乗り味が特徴
88psを発生する1.3Lエンジンは特に変更を受けていない。1tを切る車両重量に対し、余裕十分とはいえないまでも不満のない実力を発揮する。登坂ではパワー不足を感じさせるシーンもあったが、日常的には過不足のないパワーであるといえるだろう。

評価できるのは静粛性の高さ。加速するためにエンジンを回したときはともかく、タウンユースや郊外の道をクルージングするようなシーンでは、意外なほど静かな走りが可能である。

シャーシは乗り心地重視のセッティングが施されている。電動パワステのステアリングフィールは手応えが足りない感じだし、コーナーではボディが大きく傾いてロールする感じになる。荒れた路面での乗り心地は良いが、もう少し安定性に振ってほしい印象だ。
こんな人にオススメ
1.3WELLは内外装に専用の仕様を備えるだけでなく、全体に使い勝手を向上させており、それが割安感のある価格で購入できるのが大きな魅力。走りにはこだわらないタイプの女性ユーザーになどにお勧めできる。また、主婦が日常の買い物に使ったり、子供を送迎するための車として も適している。
SPECIFICATIONS
グレード 1.3WELL
駆動方式 FF
トランスミッション コラム4AT
全長×全幅×全高(mm) 3545×1620×1705
ホイールベース(mm) 2360
車両重量(kg) 970
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1328
最高出力 65kW(88ps)/ 6000rpm
最大トルク 118N・m(12.0kg-m)/3400rpm
車両本体価格 113.0万円
写真:桜井健雄 文:松下 宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027