新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オーパ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ オーパ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/18)

重厚からマイルドへ、街中でも快適な乗り心地に変身

  • トヨタ オーパ 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ オーパ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
マイナーチェンジで幅広い層へ再アピール
フロントウインドウをぐっと前に出し、全長に対して従来よりも広い(長い)室内を設定した新パッケージングがオーパの特徴。

この提案型“新セダン”の前席着座位置(ヒップポイント)はやや高めの地上から600mm……なのだが、このデータと説明が最新カタログから消えているのはなぜ!?

このマイナーチェンジの意図は、顔つきからはアク抜きをして、そして室内にはアイデアを盛ろうということのようだ。

装備面ではブレーキアシストの全車標準、ディスチャージヘッドランプの新採用などが目につく。クロスメンバーが増設されるなどプラットフォームにも手が入れられ、ボディ剛性も高められている。ルーフに新設された可倒式ショートポールアンテナは、スタイリング上のアクセントとなる。
室内&荷室空間
内装は金属パーツでゴージャスに変貌
このチェンジでは、インテリアとヘッドランプなど外装が変更された。顔つきからアクを取り、インテリアには“リッチさ”をというのがその考え方のようで、顔つきはおとなしくなったものの、一方ドライバー席の周りには金属的な光沢のパーツが増えた。まあインパネからドアまで続くファブリック・オーナメントでそれを相殺しようというのかもしれないが、インテリア全体がかなり眩しくなった印象は拭えない。

とはいえ、後席のニールーム&ヘッドルームの余裕は特筆もの。このあたりは、全長に対して長いホイールベース、全高1525mmという新パッケージング提案車オーパの本領発揮というところ。なお、スポーティシートのSパッケージのみシートカラーがダークで、他グレードと印象を異にする。
  • トヨタ オーパ インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ オーパ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
乗り心地の柔らかさを重視したセッティングに変更
スッと乗り込める設定の高めのシート高は、さすがの新パッケージング。また、フロントウインドウがはるか遠くにあるような設定も新鮮。ただ、こうしたパッケージングと引き換えに、例えばAピラーが二重になってしまう視覚的な煩雑さを生んではいるが。

さて試乗モデルは2.0。デビュー当時は、重厚感の2.0、軽快な挙動の1.8といった作り分けになっていたが、この新型の2.0は、当時よりも乗り心地の柔らかさをさらに追求したセッティングという印象。ロールも速くて大きめになり、山道よりも街中のほうが本領を発揮しそうな足。ただ今回のマイナーチェンジは、この足にせよ外観にせよ、なぜか一生懸命に“フツーに”なろうとして、オーパ本来のアピール性を失いかけているという感をもつのは筆者だけ?
こんな人にオススメ
ヴィッツやラウムで高いヒップポイントに慣れ、もうそれが低い車には乗りたくない、しかしミドルサイズという分野で適当なものはないの?とお探しの方々へ。メーカー装着のアルミホイールが欲しければiグレードを選ぶしかないが、安価なaグレードでもLパッケージにしておけば、装備はかなり充実。
SPECIFICATIONS
グレード 2.0i Sパッケージ
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4250×1695×1525
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1270
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力 112kW(152ps)/ 6000rpm
最大トルク 200N・m(20.4kg-m)/4000rpm
車両本体価格 220.5万円 
写真:奥隅圭之 文:家村浩明
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027