新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧オペル ベクトラ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

オペル ベクトラ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/21)

車の本質を追求。質実剛健なセダンを求める方に!

  • オペル ベクトラ 走り|ニューモデル試乗
  • オペル ベクトラ インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
ボディの拡大や新工場設立がオペルの意気込みを伝える
先代のベクトラB(何だか映画のエキストラの“役名”みたいな社内呼称だ)の登場から7年。おなじみの稲妻マークも一新し、ミッドサイズカー市場に再び打って出たモデルがこの新型ベクトラだ。

ボディサイズは全長で+115mm、全幅で+90mm、全高で+40mmと、1クラス以上拡大され、ホイールベースも65mm延ばされた。プレミアムセグメントを意識した点も、トレンドにのっとっている。生産が行われるのは、7億5000万ユーロ(約900億円)をかけたというリュッセルスハイムの新工場。ここでは全車両を対象に、最終検査の前段階で250項目の品質検査を行うなど、品質面でも従来以上に気を配っている、という。

まず日本市場に投入されたのは2.2モデルの標準車と、革シートなどを装備したプレミアムの2種。
室内&荷室空間
個性の光る外観フォルム。室内には新たなアイデアも
実車のスタイルは全体にプレーンだが、ライバル他車との類似点をほとんど見いだせない、うまいところを突いた個性が光る。先代のイメージを引きずる必要がない分、自由にデザインされた……そんな印象だ。フロントグリル内のエンブレムは相当に巨大だが、いいアクセントになり嫌みはない。 ルーフが後ろまで十分に延ばされた、4ドアセダンの見本のようなフォルムも好感がもてる。

インテリアもまずまずの高品質ぶりだ。インパネ中央のオンボードコンピュータの表示部は、まるでPDAのそれのような精緻な文字が並び、コンピュータ好きはソソられるかも。ただし、パワーウインドウは一つのスイッチを前後に切り替える必要があるなど、操作系の新しいロジックに、一部戸惑うところも散見される。
  • オペル ベクトラ 内装|ニューモデル試乗
  • オペル ベクトラ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
滑らかな乗り味で実用面の完成度は高い
乗り味は非常に滑らかだった。2グレードあるうち、プレミアムは17インチの50偏平タイヤを履き、本来なら標準の16インチより乗り心地が損なわれるハズだが、装着タイヤ(グッドイヤー)の性能に助けられ、とくに低速時の音/振動の低さも含め、16インチ(BS)より、車とのマッチングは良いと思われた。

山道も安心して走ることができた。なかでもコーナーで内側が伸び切らず外側がジワッと沈む安定した姿勢は心強い。エンジン性能は、ここ一発!という加速感こそ穏やかだが、実用セダンとして日常的な使用シーンを想定すれば、納得のいく動力性能だ。

リアシートの抜群の広さ、スクエアな形状を確保したトランクなど、実用面もシッカリしていて、いいよね、といえるセダンである。
こんな人にオススメ
ブランドにこだわるなら、お好きな車を……。しかし車の本質である機能や実用性にプライオリティを置き、使いやすく快適なセダンがいい!という人にはオススメのできる車だ。なお日本仕様もスペックは本国仕様と同一なので、その意味でも“本物感”が味わえる。
SPECIFICATIONS
グレード 2.2プレミアム
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4610×1800×1465
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1440
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 2198
最高出力 108kW(147ps)/ 5600rpm
最大トルク 203N・m(20.7kg-m)/4000rpm
車両本体価格 362.0万円
写真:芳賀元昌 文:島崎七生人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027