新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー Sタイプ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

ジャガー Sタイプ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/22)

一番のオススメは快適でリーズナブルな2.5Lモデルだ!

  • ジャガー Sタイプ 走り|ニューモデル試乗
  • ジャガー Sタイプ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
ウイークポイント払拭し性能や装備を大きく向上
ジャガーのセダンには、伝統的なラグジュアリィスポーツのXJシリーズ、エントリーモデルのXタイプ、そしてミディアムモデルのSタイプがある。このSタイプは1999年に登場した新シリーズだが、デビュー当初は、とくに室内のクオリティがウイークポイントであった。そのことはジャガー自身も痛感しており、今回、デビュー3年目で大幅なリファインを実施することとなった。

内容としては、外観はほとんど変えずにインパネデザインからエンジン、ミッション、サスペンションなどに手を加えている。エンジンは新たに2.5LのV6と4.2LのV8、4.2Lのスーパーチャージャーを追加、3LのV6も改良された。ミッションは6速のATを新採用、ナビゲーションも全車に標準装備となる。安全装備も大きく向上した。
室内&荷室空間
XJシリーズに通じる内装。意外と実用的な一面も
ドアを開けて運転席に座ると、目の前のメーターパネルは高級そうなバーズアイメープルウッドパネルに囲まれている。独立したセンター部分は、XJシリーズと共通のデザインになった。

“Jゲート”と呼ばれるATは、アッパーミドルセダンとしては初の6速ATを採用。J字の左側は5、4、3、2速ホールドのマニュアルシフトができる。このスポーツ性がジャガーセダンの特徴だ。

シートはホールドの良いスポーツシートで、スーパーチャージャー車だけは完全なスポーツバケットタイプとなる。リアシートは低めの着座位置が包まれ感を演出してくれる。足元はやや広め。ヘッドスペースはかなり広い。小物入れのスペースもドア、シートポケット、センターコンソールなど数多く、実用的だ。
  • ジャガー Sタイプ インパネ|ニューモデル試乗
  • ジャガー Sタイプ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
新採用のエンジンは3タイプ。6速ATのアシストも効果的
V6の2.5Lモデルは、スタートこそやや重めの印象を受けるが、走り出してしまえば6速に増えたATがエンジン性能をカバーして快適に走ってくれる。サスペンションは硬めでスポーティな感覚。重い操舵感もスポーツカー的だ。

新開発のV8・4.2Lモデルはトルクもたっぷり。ハンドル、ブレーキなどの操作系は重く乗り心地も硬め。高級車だがスポーツドライビングを楽しめる車だ。

そして、R。4.2Lスーパーチャージドエンジンは406馬力、56.4kg-mという強烈な性能。Dレンジのままでのアクセルコントロールで、意のままに走ることができる。スポーツサス、レース仕様のブレンボ製ブレーキキャリパー、電子制御アダプティブダンピングなどのメカニズムも、走りの楽しさを後押ししてくれる。
こんな人にオススメ
2.5Lモデルはジャガーらしさを低価格で味わえる。この堂々としたボディで525万円なら、シーマやセルシオよりも格が上に見える。資金に余裕があれば、Rがおもしろい。960万円は高いがAMGやBMW・Mシリーズよりもエキサイティングである。希少性という点でもオーナーの心をくすぐる。
SPECIFICATIONS
グレード 2.5 V6
駆動方式 FR
トランスミッション 6速AT
全長×全幅×全高(mm) 4880×1820×1445
ホイールベース(mm) 2910
車両重量(kg) 1680
乗車定員 5人
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 2494
最高出力 150kW(204ps)/ 6800rpm
最大トルク 250N・m(25.5kg-m)/4000rpm
車両本体価格 525.0万円 
写真:芳賀元昌 文:石川真禧照
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027