新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アルファロメオ アルファ156 GTA【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

アルファロメオ アルファ156 GTA【プレイバック試乗】 / navi

(2010/06/23)

いまどき珍しい、全身でスポーツできる超元気仕様

  • アルファロメオ アルファ156 GTA 走り|ニューモデル試乗
  • アルファロメオ アルファ156 GTA リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
3.2LV6エンジンと強化シャーシが最大の見所
GTAというネーミングはアルファロメオ往年の名ツーリングカーに由来するものだ。GTAのAはアッレッジェリータというイタリア語で、軽量化を意味する。

1960年代当時は量産車ジュリアスプリントGTを軽量化しハイパワーエンジンを搭載していたが、甦った現代版GTAは156をベースに超ハイパワーなエンジンを積んで“相対的”に軽量化を果たした。実際には2.5L V6モデルに比べて60kg程度重くなっている。

パワーユニットはGTVやスパイダーに搭載される3L V6ユニットをロングストローク化して3.2Lとしたもの。サスペンションは材質や取り付け位置、剛性など広範囲で専用設計となっており、ブレーキも前にブレンボ製キャリパーを採用するなど、随所に見るべき強化ポイントがある。
室内&荷室空間
内外装の特別装備でノーマルとの違いを主張
ベースとなるアルファ156が同時にマイナーチェンジを果たしたのに伴って、このGTAにも新しい内外装が与えられた。加えて外装には迫力のエアロパーツが付加され、専用デザインの17インチアルミを履く。

インテリアに目を向ければ、鋭角的なサイドサポートが個性的な革張りスポーツシートや300km/hフルスケールの速度計、チタンカラーのインパネ、アルミ削り出しABCペダル(滑り止めゴム付き)など、“泣かせる”専用装備が盛りだくさんである。ちなみに、今回正式導入されたのはセダンの6MT、左ハンドル仕様のみである。本国ラインナップにはシーケンシャル制御の新セレスピードを設定したモデルや、スポーツワゴンも存在する。日本導入は現在検討されている最中だ。
  • アルファロメオ アルファ156 GTA インパネ|ニューモデル試乗
  • アルファロメオ アルファ156 GTA エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
すべてを忘れさせる楽しさに満ちたアルファ
結論から言うと、“楽しい”。微細に評価していけば、いろいろとほころびが見えてくるが、些細なこと気にするこっちゃない、と思わせるだけのファントゥドライブがある。

硬めのシートに腰を下ろし、20~30mも走り出すと最初のトキメキが訪れた。ハンドルを通じてアスファルトのザラつきを感じ、野太い、けれど調音されたアルファサウンドを聞くだけでこれから向かうワインディングロードでの楽しさが想像できるのだった。峠道に繰り出せば、クイックなハンドリングと適度な電子制御、操りやすいパワーと大きさが忽然となってドライバーを刺激する。ブレーキング初期のタッチはイマイチだが、利きそのものは十分。コーナーをクリアするたびに真剣な顔と笑顔が交錯した。さすがはアルファ!楽しさを知っている。
こんな人にオススメ
最近車に刺激がないとお嘆きの方、オシャレで速い車が欲しいという方、普段も使えて時にはかっ飛ばしたい方、今ベストチョイスです。もちろん、アルファロメオファンは八方手を尽くして普段のアシ兼用の趣味車として。今年の日本販売台数はたったの250台(本国の生産台数は2000台)。急がねばなりません。
SPECIFICATIONS
グレード GTA
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4430×1765×1400
ホイールベース(mm) 2595
車両重量(kg) 1420
乗車定員 5人
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 3179
最高出力 184kW(250ps)/ 6200rpm
最大トルク 300N・m(30.6kg-m)/4800rpm
車両本体価格 544.0万円
写真:芳賀元昌 文:西川 淳
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027