新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ モデューロ CR-Z【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

ホンダ モデューロ CR-Z【特別仕様車】 / navi

(2010/08/04)

安全&快適ハイブリッドスポーツ

  • ホンダ モデューロ CR-Z 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ モデューロ CR-Z フロントシート|ニューモデル試乗
  • ホンダ モデューロ CR-Z リアサスペンション|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

純正パーツで戦闘力アップ

2月の発売以降、販売好調なハイブリッドスポーツCR-Z。このCR-Zにホンダ純正用品を開発・販売するホンダアクセスのアクセサリーを装着。足回りを中心にCR-Zのもつポテンシャルをさらに引き出す「スポーツモデューロシリーズ」、エクステリアの存在感を深めるエアロパーツも充実している。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

スポーツサスの効果は顕著

装着された新開発のスポーツサスペンション(17万7450円)によるハンドリング性能の向上は誰にでもわかるほど顕著だ。5段階の減衰力調整が可能だが、比較的コンフォート寄りの“2”にセットして走行。驚いたのはコーナリング時の回頭性の高さ。ステアリングを切った方向に車がすっと動く。
  • ホンダ モデューロ CR-Z ホイール|ニューモデル試乗
  • ホンダ モデューロ CR-Z テールゲートスポイラー|ニューモデル試乗
  • ホンダ モデューロ CR-Z 外観|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

やはり欲しいレカロ製シート

インテリアではやはりホンダアクセス初となるレカロ製シートだろう。高いホールド性はもちろんだが、サイド部にアルカンターラを、センター部はメッシュ生地を組み込むことで上質感と快適性(背中がムレにくい)を両立させている点も魅力。スポーティな印象のサイド部の赤ステッチも魅力に映るだろう。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

自分なりのこだわりを実現できる

エクステリア/インテリアとも見た目を重視したい人、走りを思う存分突き詰めたい人。ノーマル車では物足りないと思っている人のために、純正アクセサリーが存在する。自分の好みでカスタマイズすることこそがカーライフの王道。他人とは違う=自分なりのこだわりを実現できる喜びがそこにはある。
SPECIFICATIONS
グレード β(ベース車両)
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4080×1740×1395
ホイールベース(mm) 2435
車両重量(kg) 1130
乗車定員 4人
エンジン種類 直4SOHC+電気モーター
総排気量(cc) 1496
最高出力 84kW(114ps)/6000rpm
※エンジン部のみの数値
最大トルク 145N・m(14.8㎏-m)/4800rpm
※エンジン部のみの数値
車両本体価格 226万8000~249万8000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価20/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
元々CR-Zのオーディオ&ナビはオプション。メーカーオプションの純正ナビが付いてなくともVXS-102VSi(17万6400円)なら後付けでホンダの誇るインターナビのサービスを受けることができる
SAFETY(安全性)4/ 5
VSAを標準装備するCR-Zだが、安全面を考えるとブレーキ性能の向上は重要だ。CR-Zには2種類のブレーキパッドが設定されているが、スポーツパッド(3万6750円)はより制動力に優れる
ECO(環境性能)5/ 5
純正アクセサリーを装着させたからといって環境性能が落ちるわけではない。CR-Zは平成17年度排出ガス基準75%低減で星4つ。平成22年度燃費基準も+25%を達成する優れたエコカーなのである
MILEAGE(燃費)4/ 5
試乗した6MT車の10・15モード燃費は22.5km/L。テスト車は17インチアルミホイール&ハイグリップタイヤを履いていたので実用燃 費に影響は出るだろうが、それほど気にしなくていいだろう
VALUE(バリュー)5/ 5
純正用品のメリットは何か、と考えると車両との一体開発による高い性能と品質がある。特に3年間6万㎞という保証(一部除く)は購入者に対し安心感を与えるもの。買い得度は十分に高いといえる
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027