新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 デリカD:5【一部改良】 / navi

クルマニュース

三菱 デリカD:5【一部改良】 / navi

(2010/08/05)

SUVに匹敵する走破性! 安全&アクティブミニバン

  • 三菱 デリカD:5 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 デリカD:5 MMCS(HDDナビ)|ニューモデル試乗
  • 三菱 デリカD:5 フロントシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

SUVの走破性をもつミニバン

パジェロと共通のプラットフォームをもち、210mmという最低地上高により高い悪路走破性をもつミニバンがデリカD:5。今回の一部改良ではグレードに応じ、電動スライドドアの装備拡大、ブレーキアシスト機構の安全性向上などが行われている。また同時に「G-ナビパッケージ」を廃止しグレードも整理された。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

CVTの制御によるうまさが光る

基本ハードウエアに変更はない。1800kgという「重戦車」級の車重だが、CVTの制御が結構うまく働いており、拍子抜けするほどスムーズな加速が味わえる。またフルモデルチェンジしたばかりの頃、試乗した際に感じた4WDモード時に2列目床付近から発生した不快な振動が解消されていた点も好印象。
  • 三菱 デリカD:5 リアシート|ニューモデル試乗
  • 三菱 デリカD:5 エンジン|ニューモデル試乗
  • 三菱 デリカD:5 外観|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

AV機能が充実、使い勝手も向上

G-プレミアムに標準装備となるMMCS(HDD)のモニター部を使い車両周辺の状況が確認できる「マルチアラウンドモニター」はこの車には必須アイテム。これを装着すると、左フェンダー上部に設置されていたサイドアンダーミラーが廃止され、デリカD:5の硬質かつスッキリとしたデザインが生かされる。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

他車にないオンリーワンの存在

SUVの走破性をもつデリカのDNAを引き継いでいるD:5だが、いまだにこの車のライバルとなるようなある意味「特殊」なミニバンは登場していない。高級路線に走るミニバンにおいて、孤高の存在、良く言えばオンリーワン。アウトドアなどのアクティブシーンにピッタリはまる魅力あるミニバンだ。
SPECIFICATIONS
グレード G-Premium
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4730×1795×1870
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1800
乗車定員 7人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 2359
最高出力 125kW(170ps)/6000rpm
最大トルク 226N・m(23.0㎏-m)/4100rpm
車両本体価格 229万8000~359万8000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価21/ 25
EQUIPMENT(装備)5/ 5
HDDナビは7インチワイドディスプレイに地デジチューナーも標準装備。三菱自慢のロックフォードフォズゲート製オーディオは5.1chサラウンドの12スピーカー構成。AC100Vのコンセントも付く
SAFETY(安全性)4/ 5
三菱の車両安定デバイスはASCと呼ばれ4WD全グレードに標準装備される。SRSカーテンエアバッグがオプション(8万4000円高)以外はほぼ十分と言える内容。ニーエアバッグも標準装備する
ECO(環境性能)5/ 5
意外と言っては失礼だが4WD車は全グレード平成17年度排出ガス基準75%、平成22年度燃費基準も+25%を達成。エコカー減税で16万円、環境対応車購入補助で最大25万円の軽減が受けられる
MILEAGE(燃費)2/ 5
これだけ車重のある車ではあるが、10・15モード燃費は4WD車で11.2km/Lを達成。このクラスの車としてはレギュラーガソリン仕様になっている点は家計にも優しい仕様と言えるだろう
VALUE(バリュー)5/ 5
元々デリカD:5はプラットフォームの共有化などでベースの価格を非常に抑えてきた。これだけの充実装備で最上級グレードでも359万8000円という価格はかなりコストパフォーマンスが高い
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027