新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリードスパイク【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリードスパイク【ニューモデル】 / navi

(2010/08/20)

広々自由空間! コンパクトハイトワゴン

  • ホンダ フリードスパイク 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ フリードスパイク インパネ|ニューモデル試乗
  • ホンダ フリードスパイク ラゲージ両サイド収納|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

待望の「スパイク仕様」が誕生

コンパクトミニバンとしてヒット街道ばく進中のフリード。このフリードの前身にあたるモビリオに設定されていた5人乗り仕様「スパイク」の機能を展開したのがこのモデル。取り回しのしやすいボディサイズと後席スライドドア、専用のラゲージなど新提案が満載のコンパクトハイトワゴンである。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

パドルシフトが欲しいかも

エンジンやCVTなど、スペックも含め基本はフリードと同じ。1.5Lエンジンは街中から高速まで不足のない走り。サードシートがないことでロール時の足回りのバランスはフリードの3列仕様より好印象。結構走りも楽しいスパイクゆえにフィットRSのようなパドルシフトがあればなお魅力的なのだが…。
  • ホンダ フリードスパイク エンジン|ニューモデル試乗
  • ホンダ フリードスパイク 2列目を倒したスペースイメージ|ニューモデル試乗
  • ホンダ フリードスパイク ホンダアクセス用品装着車|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

ユーザーのセンスを要求される?

道具の積載だけでなく、車内で仮眠することだってできるラゲージスペースはスパイクの「真骨頂」と言える部分。クルッと回すだけでフロアの形状を変えることができる「反転フロアボード」は見事なアイデア。レジャーのための下地はスパイクが用意してくれた。あとはユーザーのセンス次第で決まる。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

“遊び人御用達”の一台

ハイトワゴンであるスパイクの魅力はとにかくその積載能力の高さ。床面の広さだけでなく高さもあるのでマウンテンバイクだって車輪を外さず2台積めるし、前席も倒せばさらに長尺物もOKだ。ラゲージ両脇の壁面収納も「技あり」って感じ。とことん遊びつくしたい人にはまさに“御用達”となる一台だ。
SPECIFICATIONS
グレード Giエアロ
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4210×1695×1715
ホイールベース(mm) 2740
車両重量(kg) 1320
乗車定員 5人
エンジン種類 直4SOHC
総排気量(cc) 1496
最高出力 87kW(118ps)/6600rpm
最大トルク 144N・m(14.7kg-m)/4800rpm
車両本体価格 159.8万~246.8万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価19/ 25
EQUIPMENT(装備)4/ 5
試乗したのは最上級グレードのGiエアロ。246.8万円という価格が妙に高いな、と思ったらインターナビ対応のHDDカーナビ&リアカメラ&4スピーカーが標準装備。ETCもセットで装着されます
SAFETY(安全性)4/ 5
横滑り防止などを統合制御するVSAはGiエアロに標準装備。前席用サイド&前後席用サイドカーテンエアバッグもGiエアロだけに装備、他グレードには設定もないというのは少しちぐはぐな印象
ECO(環境性能)5/ 5
全グレード星4つ、平成17年度基準排出ガス75%を達成。Giエアロを含むFF車は平成22年度燃費基準+25%、4WD車は+5%達成。参考値だがGエアロのFF車で9万7700円のエコカー減税が受けられる
MILEAGE(燃費)3/ 5
10・15モード燃費はFF車16.4km/L、4WD車で14.0km/Lとフリードと同じ。フィットなどと比べると車重が重い分だけ燃費性能的には不利になることはわかるが、もう少し燃費向上を期待したい
VALUE(バリュー)3/ 5
新提案が満載のスパイクだが、好みのオプションを装着すると意外と車両価格が高くなってしまう。安全装備もVSAはせめて全グレードにオプション装着できるよう設定を拡大してほしい
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027