新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサ WRX STI 4ドア【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサ WRX STI 4ドア【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/09/01)

しっかりと快適な走りを実現した、大人のプレミアムスポーツ

  • スバル インプレッサ WRX STI 4ドア 走り|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサ WRX STI 4ドア インパネ|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサ WRX STI 4ドア フロントシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

待望の4ドアモデルを追加

要望の高かった4ドアモデルを現行モデルとしては初めて設定。5ドア同様、2Lターボに6MTを搭載するWRX STIと2.5Lターボに5ATを組み合わせるA-Lineをラインナップする。エクステリアは精悍さを強調するフロントグリルとバンパーを、リア回りはアネシス(4ドア)とはまったく異なる新形状とした。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

異なる2つの個性が楽しめる

車に対する根底の考え方は一緒だが、6MT車と5AT車のキャラクターは結構異なる。6MT車は従来以上にステアリング操作に対する応答性が向上。一方5AT車は全域にわたるトルクの太さも手伝って、高速クルージング時の快適性が向上している。自分の嗜好で明確にグレードが選ぶことができる。
  • スバル インプレッサ WRX STI 4ドア 大型リアスポイラー|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサ WRX STI 4ドア エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサ WRX STI 4ドア ホイール|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

快適性が大きく向上

5AT車(A-Line)にはWRX STIとしては初となる電動サンルーフとプレミアムタンインテリアをメーカーオプション設定(4ドア、5ドアいずれにも設定)。落ち着いたカラーコーディネイトも含め、WRX STIとしては今までとまったく異なる「大人のプレミアムスポーツ」という世界を演出している。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

選択肢の拡大は何よりも魅力

年齢を重ねても走りの楽しさは忘れたくない。根強く残る4ドア(セダン)志向のユーザーなどに今回のラインナップ強化は魅力的に映るはず。6MTの出来はもちろん素晴らしいが、A-Lineは輸入車のハイパフォーマンスモデルを候補に入れている購入予備層にもアピールする出来の良さだと思う。
SPECIFICATIONS
グレード WRX STI 4ドア
駆動方式 4WD
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4580×1795×1470
ホイールベース(mm) 2625
車両重量(kg) 1490
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力 227kW(308ps)/6400rpm
最大トルク 422N・m(43.0㎏-m)/4400rpm
車両本体価格 315万~373万8000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価15/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
昨今の流れに準じ、オーディオはレス仕様。ただしA-Lineには6ユニットの10スピーカーを最初から標準装備。トヨタから供給されるメーカーオプションのナビも最新の“G-BOOK mX”となった
SAFETY(安全性)4/ 5
高出力に対応した強化ブレーキなど高い基本性能のほか、VDC(横滑り防止装置)やHIDを標準装備。エアバッグは前席、サイド&カーテンタイプも標準で安全に対する同社の姿勢の高さがうかがえる
ECO(環境性能)2/ 5
平成17年度基準排出ガス規制は50%で星3つ。新排出ガス規制(JC08)にも対応してはいるが、エコとスポーツの両立は重要テーマ。今後のレベルアップに期待
MILEAGE(燃費)2/ 5
従来モデルと同様で6MTの10・15モード燃費は10.4km/L。A-Lineは10.010.4km/Lとマズマズ 。ただ標準装備のSI-DRIVEのインテリジェントモードなら普段使いでの実用燃費向上が期待できる
VALUE(バリュー)5/ 5
カリカリの走り屋さんだけでなく、走りを楽しみたい大人に向けての商品力強化がポイント。ハードとしてはスバルらしい真面目さがいくつもあり「価格以上の内容」といえる出来の良さである
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027