新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ヴォクシー/ノア G sport【グレード追加】 / navi

クルマニュース

トヨタ ヴォクシー/ノア G sport【グレード追加】 / navi

(2010/09/02)

強化されたボディとしっかりとしたハンドリングは魅力

  • トヨタ ヴォクシー/ノア G sport 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ ヴォクシー/ノア G sport インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ ヴォクシー/ノア G sport フロントシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

トヨタの新領域ビジネス

従来、関連会社にまかせていた市販車のコンプリートカーの領域を、トヨタ自らが行うという非常にチャレンジャブルかつ注目のビジネス展開。エンジンには手を加えず、エクステリア&インテリア、足回りを専用設計。注目はボディを徹底的に強化した「バージョンEDGE」というグレードの設定である。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

誰もがわかるEDGEの凄さ

注目のバージョンEDGEだが、これは驚き。誰が乗っても(あくまでも比較試乗ができれば、の話)ボディ回りの強化によるしっかりとしたハン ドリングや路面からのショックのいなし方などは体感できるはず。正直に「やればできるじゃん、トヨタ!」と思えるほどのしっかりとした作り込みである。
  • トヨタ ヴォクシー/ノア G sport リアシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ ヴォクシー/ノア G sport エンブレム|ニューモデル試乗
  • トヨタ ヴォクシー/ノア G sport ホイール|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

演出は悪くないけど…

グレード設定としては7人、8人乗りが選べるきめ細かさはさすがトヨタ。G's専用の内装やプッシュ式エンジンスターターなどの演出も悪く はないのだが、いかんせんシートのサポート性能などはノーマルとほとんど変わらない。色でスポーティさを強調、という手法は正直もう古いんじゃないでしょうか。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

「あの車」にはもう負けない?

ライバルは日産セレナのハイウェイスターやオーテックのライダーシリーズだろう。一定の顧客をしっかりつかんでいる他社の商売を見て(きっと)うらやましかったはずのトヨタ。もうこれからはそんないい思いはさせません、という意気込みも感じる。トヨタ車でもこういう車が買えるようになったのだ。
SPECIFICATIONS
グレード ヴォクシー“G's Version EDGE”
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4640×1720×1820
ホイールベース(mm) 2825
車両重量(kg) 1620
乗車定員 7人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1986
最高出力 116kW(158ps)/6200rpm
最大トルク 196N・m(20.0kg-m)/4400rpm
車両本体価格 283万5000円~315万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価13/ 25
EQUIPMENT(装備)3/ 5
標準車の上位グレード同様にオーディオはレス仕様だが、6スピーカーを搭載。一方でG's専用の装備が付加されていることで商品力 自体が向上しているのは魅力的。ゆえに「星3つ!」です
SAFETY(安全性)2/ 5
足回りはしっかりやっているが、S-VSCに坂道での後退を抑えるヒルスタートアシストやSRSサイドエアバッグなどがセットで13万 6500円というのは標準グレードと同じ。ちょっと残念
ECO(環境性能)3/ 5
平成17年度排出ガス基準は75%低減で星4つだが、G'sの場合架装車両なので持ち込み登録となり、燃費基準達成レベルは車両ごとに異なるそうだ。エコカー減税などはディーラーで確認が必要だ
MILEAGE(燃費)2/ 5
標準グレードの10・15モード燃費は14.4km/L(FF車)。レギュラーガソリン仕様なのはおサイフに優しくていいのだが、大径タイヤの 採用などで実用燃費は標準グレードよりやや落ちる可能性が高い
VALUE(バリュー)3/ 5
安全装備などがオプションなのでそれを車両価格にプラスしていくとかなり高くなってしまうのが残念。ただエアロパーツなどを単体で購入するよりは安く、高品質なのでG's単体の買い得感は高い
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027