新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エルグランド【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 エルグランド【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/09/15)

デザイン・走行性・快適性、全てに上質を備えたプレミアムミニバン

  • 日産 エルグランド 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 エルグランド インパネ|ニューモデル試乗
  • 日産 エルグランド カーナビ&11インチ後席用モニター|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

8年ぶりのフルモデルチェンジ

いろいろな意味で話題の車である。8年ぶりのモデルチェンジ。駆動方式をFRからFFに変更したこと(4WDもあり)。全高を95mmも下げたスタイリッシュなデザインetc…。そのどれもがこのクラスにおける“王者奪還”を目指して開発し、それが結果として良い方向に結実しているのである。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

役者と次元が違う

ライバル車との比較はもはや無用だろう。吸いつくような路面追従性をもつ足回り。エンジンは3.5Lがこの車には合っているが、同時に試乗した2.5Lだって巡航時ならばこの車のもつ「乗り味の良さ」を堪能できる。驚きはやはり静粛性の高さ。乗員全員が快適に過ごせる点も含め、次元が違うのである。
  • 日産 エルグランド リアシート|ニューモデル試乗
  • 日産 ラゲージ|ニューモデル試乗
  • 日産 エルグランド ライダー|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

外観で惑わされてはいけない

全高が95mm下がったことに対し、押し出しが弱くなったとか、狭くなったのでは、と思った人、まずは乗ってみることをオススメする。低床化により室内空間は余裕があるし、何よりも売りの一つである「トリプルオットマン」はゴージャスな雰囲気にさせてくれる。ちょっと気分を“アゲアゲ”にしてくれます。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

ミニバンってもう言わなくていい

 この車を日産はMPC(マルチパッセンジャーカー)と呼んでいるが、これは的を射たネーミング。乗員全員の快適性の高さはもちろん、何よりも購入したユーザーが「俺は高級車に乗っている」と所有欲を満たすことができる車に仕上がっている。Lクラスミニバンって言い方、もう古いでしょう。
SPECIFICATIONS
グレード 350 ハイウェイスタープレミアム
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4915×1850×1815
ホイールベース(mm) 3000
車両重量(kg) 2020
乗車定員 7人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3488
最高出力 206kW(280ps)/6400rpm
最大トルク 344N・m(35.1kg-m)/4400rpm
車両本体価格 307万6500円~464万1000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価17/ 25
EQUIPMENT(装備)3/ 5
絶対オススメしたいのが後席エンターテイメントシステムに組み合わせるBose5.1chシステム。とにかく音が良いっ!これを付けないと絶対に後悔するので、ディーラーでその音を体感してほしい
SAFETY(安全性)5/ 5
VDC(車両安定デバイス)+ブレーキLSDのほか、フルエアバッグ、さらに空気圧警報システムなど、これらを全グレードに標準装備したという点が素晴らしい。どこかの車も見習ってほしいところだ
ECO(環境性能)4/ 5
全グレード平成17年度排出ガス基準は75%低減で星4つと優秀。平成22年度燃費基準は排気量やメーカーオプションの装着による車重の変更によって数値が変わるが試乗車の場合+20%を達成している
MILEAGE(燃費)1/ 5
試乗車の10・15モード燃費は9.4km/Lだが、CVT化によって実用燃費は旧型を大きく上回るはずだ。注目は2.5L車で11.6km/L&レギュラーガソリン仕様。こういう選択ができるのもこの車の魅力
VALUE(バリュー)5/ 5
オプションを装着するとかなりの価格にはなるが、それでも1カ月で目標の5倍以上も売れている。このクラスになると価格だけではなく高いバリュー(価値)が重要。それを証明した車と言える
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027