新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン C5ツアラー【追加グレード】 / navi

クルマニュース

シトロエン C5ツアラー【追加グレード】 / navi

(2010/10/25)

絶品の小排気量ターボユニットを得た“生活の友”

  • シトロエン C5ツアラー 走り|ニューモデル試乗
  • シトロエン C5ツアラー インパネ|ニューモデル試乗
↑セダン比で全長は50mm長く、全高は20mm高い。車重は+60kg。タイヤサイズは245/45R18(左)セダン同様に高級感あるインパネ回り(右)
「目がさめるような乗り心地」。シトロエン独自の油圧式サスペンションシステムについて、そう書いたのは、英国人のデザイン評論家、スティーブン・ベイリーだった。目がさめる、とは、今回新しいエンジンを得たシトロエンC5ツアラーについても、言えることだ。

その新しいエンジンとは、シトロエンの親会社であるプジョーがBMWと共同開発した1.6Lの4気筒。C5ツアラーに、従来の2Lユニットの代わりに搭載されるこのエンジンは、ターボチャージャーを搭載して最高出力156psを発生。

低回転域からたっぷりしたトルクと、スムーズに上の回転域まで回りパワー感もしっかりある。1680kgの車重をもつC5ツアラーで目がさめる、とは、今回新しいエンジンを得たシトロエンC5ツアラーについても言えることだ。

その新しいエンジンとは、シトロエンの親会社であるプジョーがBMWと共同開発した1.6Lの4気筒。C5ツアラーに、従来の2Lユニットの代わりに搭載されるこのエンジンは、ターボチャージャーを搭載して最高出力156psを発生する。低回転域からたっぷりしたトルクと、スムーズに上の回転域まで回りパワー感もしっかりある。1680kgの車重をもつC5ツアラーでもまったく不満はない。

もう一つ、1.6Lエンジンを搭載した利点は、鼻先が軽くなったこと。結果、カーブを曲がっていくときに、ノーズの入り方が軽快で、じつに気持ちがよい。すっと車体が向きを変え、ゆたかなトルクが力強く車を引っ張る。
  • シトロエン C5ツアラー エンジン|ニューモデル試乗
  • シトロエン C5ツアラー ラゲージ|ニューモデル試乗
↑1.6Lターボは156ps。143psの2Lモデルをはるかに上回る(左) 4段階、最大12cmも車高が上下するハイトコントロールスイッチは全グレードに標準装備。荷室は通常505L、最大拡大時は1490Lを誇る(右)

走りも楽しめる!スポーティステーションワゴン

セダンを含めてC5には、シトロエン特許の技術である、ハイドラクティブIIIプラスが採用されている。金属バネとガスダンパーでなく、油圧とガスを使い、油圧をコンピュータで制御することで、ロールや車高をコントロールするサスペンションシステムだ。ハンドルを切っても、通常の車のように車体がロールしない独自の感覚が特徴的だ。

これはハマる。ハンドルを握って乗り出し、最初のカーブを曲がったときに、「目がさめる」どころか、目を大きくみはるほど、スポーティな喜びをもたらしてくれる。

ツアラーとはステーションワゴンだ。シトロエンは1940年代から、この車型をラインナップに加えてきた。それだけに、開口部は大きく、荷物もたっぷり積めるなど、実用性も十分に考えられている。かつ、ハイドラクティブIIIプラスは、積載重量にかかわらず常に車高を一定に保つ。

冒頭のベイリーはシトロエンが好きなようだが、たしかに英国ではシトロエンのステーションワゴンの人気が高い。油圧サスペンションシステムはマニアックなメカニズムでなく、物を運ぶ、家族を乗せるなど、生活の中で便利な機構だからだ。

この良さを知らないともったいない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード エクスクルーシブ
全長×全幅×全高(mm) 4845×1860×1490
車両重量(kg)1680
エンジン種類直列4気筒DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]156ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm]24.5kg-m/1400~3500rpm
車両本体価格479万円
Tester/小川フミオ Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027