新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フィットハイブリッド【追加モデル】 / navi

クルマニュース

ホンダ フィットハイブリッド【追加モデル】 / navi

(2010/11/04)

フィットの広さをそのままに。快適ハイブリッド!

  • ホンダ フィット ハイブリッド  走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ フィット ハイブリッド  インパネ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

159万円という強烈なインパクト

インサイトと同じ1.3Lのi-VTECエンジンにコンパクトなIMAを搭載。駆動方式はFFのみだが、最もベーシックなグレードは159万円とインサイトより30万円も安い。このインパクトは大きく、実販売でも約2週間で月販目標1万4000台に対し、2万1000台超え。そのうちハイブリッドが約71%というから驚きだ。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

ECONの効果は顕著に表れる

標準車に対し約40kg増だが、IPUの搭載位置などにより前後バランスがいいのでコーナリング時も含め軽快感を残したまま、しっとりとした乗り味も見せる。新たに搭載されたECON(イーコン)ボタンをONにすると実用燃費は顕著に向上するが、その分速度域によっては加速時のもっさりした感じも残る。
  • ホンダ フィット ハイブリッド フロントシート|ニューモデル試乗
  • ホンダ フィット ハイブリッド スカイルーフ|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

荷室回りは“あっぱれ!”の一言

フィットのFF車はラゲージ下にもう一つの収納スペースがある。ここにIPUを上手に収めることで、本来フィットがもつ多彩なシートアレンジを犠牲にすることなく使えるようにした。初代から引き続き採用されているセンタータンクレイアウトを使うフィットだからできたことで、まさに「あっぱれ!」です。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

エブリデイエコを実感できる一台

システムは同じでもフィットは「街乗りハイブリッド」をテーマに開発された。もちろん高速走行も余裕でこなすが、毎日乗る機会の多いフィットだからこそ、常にエコを感じられる点がいい。ボディカラーもフィットハイブリッド専用の「フレッシュライムメタリック」がエコ気分をさらに高めてくれそうだ。
SPECIFICATIONS
グレード ハイブリッドスマートセレクション
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3900×1695×1525
ホイールベース(mm) 2500
車両重量(kg) 1130
乗車定員 5人
エンジン種類 直4SOHC+モーター
総排気量(cc) 1339
最高出力 65kW(88ps)/5800rpm
+10kW(14ps)/1500rpm
最大トルク 121N・m(12.3kg-m)/4500rpm
+78N・m(8.0kg-m)/1000rpm
車両本体価格 159万~210万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価19/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
オーディオ&ナビがオプションとなるので星2つだが、159万円のフィットハイブリッドでもフルオートエアコンや高速巡航時の燃費向上に効果のあるクルーズコントロールを標準装備するなど充実している
SAFETY(安全性)2/ 5
VSA(横滑り防止装置)は最上級のナビプレミアムセレクション以外はメーカーオプションなのが惜しい。キセノンライトはスマートセレクション以上に標準装備
ECO(環境性能)5/ 5
この部分では文句なしの満点。全グレードが「平成17年度基準排出ガス75%」認定で星4つ。ハイブリッド車は平成22年度燃費基準+25%を達成。エコカー減税対象車なので9万600円が免税される
MILEAGE(燃費)5/ 5
10・15モード燃費は30.0㎞/Lとインサイトと同じ。3名乗車、エアコンONで市街地中心に走っただけで25㎞/L以上をマーク。実用燃費の高さはインサイト以上か。アイドリングストップもよく働く
VALUE(バリュー)5/ 5
159万円という価格のインパクトはとにかく大きい。試乗したスマートセレクションも魅力的だがまずはVSAを装着し、あとは好みでナビやオーディオを追加すれば十分満足できるはずだ
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027