新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アバルト プントエヴォ【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アバルト プントエヴォ【ニューモデル試乗】 / navi

(2010/11/25)

全域でパワフル! 「マルチエア」採用の新しいサソリ

  • アバルト プントエヴォ 走り|ニューモデル試乗
  • アバルト プントエヴォ インパネ|ニューモデル試乗
↑新設計のエアロを前後左右に装着。専用の大口径2本出しマフラーやルーフスポイラーも採用する(左)新設計のインパネ回り。計器類はイエガー製。エンジンやトラクション、ハンドリングなどの特性を切り替えるSPORTスイッチを装備する (右)
もしプントアバルト用エアロパーツで儲けている会社があったとしたら、“おまんまの食い上げ”だ(幸いにしてないとは思うが)。グランデプントがプントエヴォへと派手に進化したことに伴って、アバルトもプントエヴォへ。見比べれば旧型が“こんなにフツウだったっけ?”と思ってしまうほど、新型の見映えは派手で、かつエグい。

エアロパーツは、前後左右、上から下まで、念入りに新調された。最大の変更点はマスクだが、オーバーフェンダーやサイドスカートのボディ同色化も利いている。リアアンダーディフューザーに至っては、それこそエアロ屋さん泣かせのこってり系。最近の欧州ホットハッチは元気いっぱいで、アバルトプントも負けてはいられん! の大マイチェンだったわけだが、それだけ向こうにはレーシーなテイストを望むマーケットがあるということ。欧州では、レースと若者/若者と車が、いまだ立体的につながっているという証拠でもある。羨ましいなあ。

インテリアも劇的に変わったが、それは写真で判断してもらうとして、注目はマルチエア1.4Lガソリンターボエンジンだ。言わば電子制御油圧版のバルブトロニック(と言うと簡単すぎるが、とても画期的な仕組みである)で、同排気量の従来型ガソリンエンジンに比べると、パワーで約10%、トルクで約15%、燃費で約10%の向上をみたという優れもの。ミッションはMT。
  • アバルト プントエヴォ エンジン|ニューモデル試乗
  • アバルト プントエヴォ ラゲージ|ニューモデル試乗
↑アバルト初のスタート/ストップ機構を搭載 (左)タイヤは215/45R17。レッド仕上げのブレンボ製フロントキャリパーを装着(右)

大人のコンパクトスポーツ!

従来のグランデプントアバルトは、シャーシを共有するアルファ ロメオミトに比べてずっと若々しく、ワイルドでシャープな動きをみせる車、だったのだが…。新型を動かした瞬間“変わった!”と思った。サスペンションの反応に“柔らかみ”が増して、ぐっと大人の乗り味に。ミトほどではないが、かなり近づいたように思う。

それはステアリングフィールにも表れていて、以前はまるで多角形を描くように輪郭も明確なハンドリングだったものだが、新型はアジリティの豊かさはそのままに滑らかさが加わったのだ。過激なホットさが影を潜めた、と言えなくもない。とはいえコントロール性は相変わらず高く、FFスポーツカーとして基本に忠実な走りをみせる。

マルチエアエンジンは、低回転域からのリニアなパワーの立ち上がりと、持続力あるトルクフィールが魅力。いきりたつような派手さはない半面、全域でパワフルだ。そういう意味ではMTよりTCTがお似合い?
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ベースグレード
全長×全幅×全高(mm) 4080×1720×1490
車両重量(kg)1260
エンジン種類1.4L直4SOHC+マルチエアターボ
総排気量(cc)1368
最高出力[ps/rpm]163ps/5500rpm
最大トルク[kg-m/rpm]23.5kg-m/2250rpm
※SPORTスイッチ使用時:25.5kg-m/2500rpm
車両本体価格289万円
Tester/西川 淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027