新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アバルト プントエヴォ【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アバルト プントエヴォ【ニューモデル試乗】 / navi

(2010/11/25)

全域でパワフル! 「マルチエア」採用の新しいサソリ

  • アバルト プントエヴォ 走り|ニューモデル試乗
  • アバルト プントエヴォ インパネ|ニューモデル試乗
↑新設計のエアロを前後左右に装着。専用の大口径2本出しマフラーやルーフスポイラーも採用する(左)新設計のインパネ回り。計器類はイエガー製。エンジンやトラクション、ハンドリングなどの特性を切り替えるSPORTスイッチを装備する (右)
もしプントアバルト用エアロパーツで儲けている会社があったとしたら、“おまんまの食い上げ”だ(幸いにしてないとは思うが)。グランデプントがプントエヴォへと派手に進化したことに伴って、アバルトもプントエヴォへ。見比べれば旧型が“こんなにフツウだったっけ?”と思ってしまうほど、新型の見映えは派手で、かつエグい。

エアロパーツは、前後左右、上から下まで、念入りに新調された。最大の変更点はマスクだが、オーバーフェンダーやサイドスカートのボディ同色化も利いている。リアアンダーディフューザーに至っては、それこそエアロ屋さん泣かせのこってり系。最近の欧州ホットハッチは元気いっぱいで、アバルトプントも負けてはいられん! の大マイチェンだったわけだが、それだけ向こうにはレーシーなテイストを望むマーケットがあるということ。欧州では、レースと若者/若者と車が、いまだ立体的につながっているという証拠でもある。羨ましいなあ。

インテリアも劇的に変わったが、それは写真で判断してもらうとして、注目はマルチエア1.4Lガソリンターボエンジンだ。言わば電子制御油圧版のバルブトロニック(と言うと簡単すぎるが、とても画期的な仕組みである)で、同排気量の従来型ガソリンエンジンに比べると、パワーで約10%、トルクで約15%、燃費で約10%の向上をみたという優れもの。ミッションはMT。
  • アバルト プントエヴォ エンジン|ニューモデル試乗
  • アバルト プントエヴォ ラゲージ|ニューモデル試乗
↑アバルト初のスタート/ストップ機構を搭載 (左)タイヤは215/45R17。レッド仕上げのブレンボ製フロントキャリパーを装着(右)

大人のコンパクトスポーツ!

従来のグランデプントアバルトは、シャーシを共有するアルファ ロメオミトに比べてずっと若々しく、ワイルドでシャープな動きをみせる車、だったのだが…。新型を動かした瞬間“変わった!”と思った。サスペンションの反応に“柔らかみ”が増して、ぐっと大人の乗り味に。ミトほどではないが、かなり近づいたように思う。

それはステアリングフィールにも表れていて、以前はまるで多角形を描くように輪郭も明確なハンドリングだったものだが、新型はアジリティの豊かさはそのままに滑らかさが加わったのだ。過激なホットさが影を潜めた、と言えなくもない。とはいえコントロール性は相変わらず高く、FFスポーツカーとして基本に忠実な走りをみせる。

マルチエアエンジンは、低回転域からのリニアなパワーの立ち上がりと、持続力あるトルクフィールが魅力。いきりたつような派手さはない半面、全域でパワフルだ。そういう意味ではMTよりTCTがお似合い?
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ベースグレード
全長×全幅×全高(mm) 4080×1720×1490
車両重量(kg)1260
エンジン種類1.4L直4SOHC+マルチエアターボ
総排気量(cc)1368
最高出力[ps/rpm]163ps/5500rpm
最大トルク[kg-m/rpm]23.5kg-m/2250rpm
※SPORTスイッチ使用時:25.5kg-m/2500rpm
車両本体価格289万円
Tester/西川 淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
公道試乗でわかった! 新型フォレスターのガソリンモデルとHVモデルの違い(2018/10/08)
クラス最高峰の美しさとスポーティな走り「アウディ A7 Sportback」に酔いしれる(2018/10/05)
いよいよ完成の域に達したSUVでは国産唯一無二のPHEVモデル(2018/10/03)
新型CLSは獰猛な顔付きに似合わず、驚くほど静かでスムーズなモデルだ!(2018/10/02)
エンジンに大きく手が加えられ、さらに気持ちいい走りを可能にしたロードスターとRF(2018/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027