新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 フーガハイブリッド【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

日産 フーガハイブリッド【ニューモデル試乗】 / navi

(2010/12/16)

切れ味のよい走りと、すぐれた環境性能が魅力

  • 日産 フーガハイブリッド 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 フーガハイブリッド カーナビ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

EV領域の広いHVシステム

新型車登場から約1年、フーガに追加された待望のハイブリッドカーはバッテリーに素早い充放電を可能にするリチウムイオン電池を搭載。従来車とは異なる1モーターを2つのクラッチで操作する方式によりアクセル操作に対してもレスポンスに優れ、ダイレクト感のある爽快な走りを可能にしている。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

これが本当の“未体験ゾーン”

この車で最も驚くのがライバル車ではできなかった高速巡航時にモーターだけで走行(EVモード)が可能なこと。メーターをふと見るとタコメーターの針が0(ゼロ)を示しているのを見た時のインパクトはなかなかのものだ。もちろんエンジン始動/停止のショックも少なく、違和感はほとんどない。
  • 日産 フーガハイブリッド ラゲージ|ニューモデル試乗
  • 日産 フーガハイブリッド リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

ラゲージ以外はほぼ無敵

標準グレードと同様の人間の五感を科学的に分析した快適装備は変わらない。一つ言うならハイブリッド化によりラゲージの奥行きが狭くなったこと。それでもバッテリーの搭載位置を工夫するなど涙ぐましいほどの努力の末、9インチゴルフバッグ(だけ)が4個積載できるスペースを確保した点は拍手を送りたい。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

たぐいまれなる静粛性の高さ

エンジン走行時も十分静かなのだが、高速領域でモーターのみの走行が可能なことで、ライバル車となるハイブリッドカーとは次元の異なる静粛性を手に入れることができる。もちろん運転の楽しさは失われていないし、フーガという高級車のステイタスはハイブリッド化されたことでさらに一段高められている。
SPECIFICATIONS
グレード フーガハイブリッド
駆動方式 FR
トランスミッション 7AT
全長×全幅×全高(mm) 4945×1845×1500
ホイールベース(mm) 2900
車両重量(kg) 1860
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC+モーター
総排気量(cc) 3948
最高出力 225kW(306ps)/6800rpm+50kW(68ps)
最大トルク 350N・m(36.0kg-m)/
5000rpm+270N・m(27.5kg-m)
車両本体価格 577万5000~630万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価22/ 25
EQUIPMENT(装備)5/ 5
カーウイングスに対応するHDDナビは地図更新機能や地デジチューナーを搭載する最新バージョン。標準車でも評判の高いプラズマクラスター内蔵の「フォレストエアコン」も標準装備する
SAFETY(安全性)5/ 5
VDCはもちろん最先端のインテリジェントクルーズコントロールを標準装備。LDP(車線逸脱防止支援システム)などもフル装備状態。作動は非常にスムーズでハイブリッドカーとの相性も良い
ECO(環境性能)5/ 5
この車の最も優れたアピールポイントである。平成17年度排出ガス基準は75%低減で星4つを取得。平成22年度燃費基準も+25%を達成。自動車取得税、自動車重量税など30万6500円が優遇される
MILEAGE(燃費)3/ 5
10・15モード燃費は19.0km/Lと標準車の約2倍。ギリギリ20.0km/Lに届かなかったのは惜しいが、ECOペダルやドライブモードセレクターを併用することで実用燃費の向上が期待できる点は評価できる
VALUE(バリュー)4/ 5
フーガが作るハイブリッドカーによる新時代の高級車の世界をアピールする意味でも燃費・動力性能ともインパクトは十分。価格競争力も国産高級車だけでなく輸入車に対しても十分ある
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027