新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル フォレスター STI tS【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

スバル フォレスター STI tS【ニューモデル試乗】 / navi

(2010/12/22)

3代目フォレスターのコンプリートカーモデル

  • スバル フォレスター STI tS 走り|ニューモデル試乗
  • スバル フォレスター STI tS インパネ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

tSシリーズの第2弾はSUVで

ベース車の運動性能をさらに向上させているSTIが手がけるコンプリートカー。レガシィに続き、新ブランドである「tS」の第2弾として大幅な改良を受けたフォレスターに設定した。ベース車両は2.5Lターボエンジン&5ATを搭載する「S-Edition」。販売は2011年3月31日受注分までの限定300台となる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

SUVの概念は捨てたほうがいい

STIは一貫して「強靱でしなやかな走り」を提唱しているが、このモデルも同様。15mmローダウンした専用チューンサスペンションはしっかりと路面をつかみ、しなやかかつスッキリとした味わい。「ロール時にグラッとくる」SUVのハンドリングの概念はこの車にはまったく当てはまらない。アッパレです。
  • スバル フォレスター STI tS エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル フォレスター STI tS ホイール|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

STIファンでなくても大喜び

STIらしいスポーティな演出のうまさは前作であるレガシィでも証明されているが、専用の240km/hスケールのSTIロゴ入りメーターのほか、赤ステッチ入りの本革ステアリング、プッシュ式エンジンスタートスイッチなどが専用品。本革とアルカンターラのシートはヒーター&電動調整機構付きと充実している。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

特別な存在になれます

STIは「Sport,Always」というコンセプトをtSから掲げている。簡単に言えば乗った瞬間から「スポーツマインド」を体感できるというもの。そんな走りの良い車を所有する喜びはもちろんだが、他のフォレスターユーザーから見ても「特別な存在」として羨ましがられる一台なのではないだろうか。
SPECIFICATIONS
グレード フォレスター tS
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4560×1780×1660
ホイールベース(mm) 2615
車両重量(kg) 1540
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4DOHCターボ
総排気量(cc) 2457
最高出力 193kW(263ps)/6000rpm
最大トルク 347N・m(35.4kg-m)/2800~4800rpm
車両本体価格 362万2500円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価14/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
ベースはMC時に追加された「S-EDITION」なので装備はそれに準じるが、オーディオは4スピーカー&アンテナでほかはディーラーオプションでの対応になる。オーディオパネルはカーボン調になる
SAFETY(安全性)4/ 5
元々フォレスターは全グレードにVDCを標準装備させるなど、スバル車の中でも安全装備が充実している。さらにこの車にはHIDランプやSRSサイド&カーテンエアバッグも標準装備する
ECO(環境性能)2/ 5
ベース車のデータになるが、2009年度排出ガス基準は50%低減で星3つ。2010年度燃費基準は残念ながら未達成。動力性能は十分な実力をもつので、次はぜひ環境性能の向上に期待したい
MILEAGE(燃費)1/ 5
コンプリートカーなので10・15モード燃費は公表されていない。エンジン自体もチューンしていないのでベース車に準じる形で判断した。その数値だが9.8km/Lと星一つ。正直ちょっとしんどい…
VALUE(バリュー)5/ 5
ノーマルに比べて価格は49万3500円高くなる。一見高く見えるかもしれないが、コンセプトに沿った装備内容を考えるとよくこの価格内に抑えたと思えるくらいコストパフォーマンスは高い
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027