新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン【ニューモデル試乗】 / navi

(2010/12/24)

走りを愛する人には最高のミニバン、だが

  • フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン インパネ|ニューモデル試乗
↑上級仕様はバイキセノンヘッドライトやシルバールーフレールを標準装備(左) 質感を向上させたシンプルなインパネ回り(右)
フォルクスワーゲン(VW)ゴルフをベースとしたミニバンのトゥーランがモデルチェンジした。といっても2675㎜のホイールベースは同一で、前後のドアも旧型の流用だから、ビッグマイナーチェンジといったほうが適切だろう。

エンジンも従来どおり、1.4L直噴にターボとスーパーチャージャーを装着したTSIだが、2種類あった最高出力は低いほうの140psに統一され、22.4kg-mの最大トルクは発生回転数が1500~4000rpmから1250~4000rpmへと、やや低くなった。

トランスミッションは旧型の最終型で初採用された、乾式クラッチ使用の7速DSGだ。しかし10・15モード燃費は3%アップした14.6km/Lとなり、エコカー減税適合車の仲間入りを果たした。グレードはベーシックなトレンドラインと上級のハイラインの2種類で、いままでどおりだ。

外観はフロントグリルが現行ゴルフやポロと同じ黒い横長のシンプルなグリルになり、リアではコンビランプがゴルフを思わせる横長になったことが新しい。室内はやはりゴルフやポロ同様、インパネ回りの光り物が増えている。
  • フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン フロントウインドウ|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン ホイール|ニューモデル試乗
↑1.4L TSI&7速DSGにより燃費は14.6km/Lを達成(左) 乗車定員は7人。荷室は最大1913Lを確保する(右)

ファミリーカーというにはつくりが不十分か。

シートの作りも旧型と共通。2列目は3分割で、個別にスライドとリクライニング、折り畳みが可能。3列目は背もたれを前に倒す方式で格納できる。ただし2列目はサイズが小さく、着座姿勢は直立に近いうえに、動きがかなり重く渋い。3列目はプラス2にすぎず、そこへのアクセスはシートを畳まないと行えない。こうした部分の作りは、国産ミニバンのほうが数段上だ。

加速は1名乗車ではまったく不満なし。トルクの立ち上がりは少しなだらかになったようだ。でもDSGに使われる乾式クラッチがあいかわらず唐突につながるので、スムーズな発進や加速はむずかしい。

乗り心地はミニバンとしては硬めだが、50~60km/hまで速度を上げれば不快ではない。ステアリングの操舵感はしっとりなめらか。山道ではかなりペースを上げても前輪は悲鳴を上げず、途中でアクセルをゆるめてもリアのグリップは安定していた。

走りを愛する人にとっては最高のミニバンだろう。しかしトゥーランはファミリーカーである。だからこそ家族にもシートアレンジや加速感を試してもらい、OKをもらっておくことが望ましい。ファミリーカーとはそういうものなのだから。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード TSIハイライン
全長×全幅×全高(mm) 4405×1795×1670
車両重量(kg)1580
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付き
ターボ+スーパーチャージャー
総排気量(cc)1389
最高出力[ps/rpm]140ps/5600rpm
最大トルク[kg-m/rpm]22.4kg-m/1250~4000rpm
車両本体価格293万~339万円
Tester/森口将之 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027