新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ FJクルーザー 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ FJクルーザー 【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/03/28)

ついに日本上陸! 個性的な大ヒットSUV

  • トヨタ FJクルーザー 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ FJクルーザー インパネ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

日本専用仕様もラインナップ

北米を中心に若年層に大ヒットしたSUVが日本でも発売開始。輸入車のようだが、生産は日本(日野自動車の羽村工場製)。待望の右ハンドル仕様で、4LのV6エンジンに5速ATの組み合わせ。駆動方式はパートタイム4WD。オンロード走行時に操安性向上に寄与する“X-REAS”は日本専用のオプション装備。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

見た目とはひと味違う

若者向けとはいえ、2t近い車重をもつ本格的オフロード4WD。出だしこそ、ややもっさりとした感じだったが、コーナーの一つ目で「結構スポーティに走れるじゃない」という好印象。X-REAS装着車はステアリング操作に対してよりスパッとボディが旋回する感じを受けるが、ノーマルでも十分だ。
  • トヨタ FJクルーザー リアシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ FJクルーザー リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

あくまでも前席重視ってことで

アバウトな大きさとあえて言いたくなるほどデカイ操作スイッチ類など、乗ってみると海外の若者にウケているオーラのようなものを感じる。荷室も大きいし使い勝手もいい。しかし、両側観音ドアを使って乗り込む後席は見た目からイメージするより広くはない。あくまでも前席中心で楽しむ車なのかも。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

目立つことは間違いない

この個性的なスタイリングなら、どこを走っても目立つことは間違いない。さらにこの車の楽しさはカスタマイズにある。ノーマルで乗ってももちろんいいのだが、ディーラーでカスタマイズできる純正パーツを豊富に用意したことでオーナーの個性を演出することができる点も魅力の一つだ。
SPECIFICATIONS
グレード FJクルーザー“カラーパッケージ” 
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4635×1905×1840
ホイールベース(mm) 2690
車両重量(kg) 1940
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3955
最高出力 203kW(276ps)/5600rpm
最大トルク 380N・m(38.8kg-m)/4400rpm
車両本体価格 314万~332万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価11/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
オーディオ&ナビはすべてディーラーオプション。ユニークなのは天井に組み込まれた振動板を含む8スピーカーシステム。上方から音を広範囲に放射させることで広がり感のある音響空間を作る
SAFETY(安全性)3/ 5
キセノンヘッドランプの設定はないが、全グレードにVSCとTRC(トラクションコントロール)を標準装備。エアバッグも前後席のカーテンシールドタイプまで標準装備するなど充実した内容をもつ
ECO(環境性能)2/ 5
平成17年度排出ガス基準は50%低減で星3つ。平成22年度燃費基準は残念ながら未達成となる。正直この手の車は動力性能は十分でも環境性能ではイマイチ不利。今後のレベル向上に期待したい
MILEAGE(燃費)1/ 5
10・15モード燃費は8.4km/Lで星1つ。2t近い車重と4Lという大排気量エンジンは普通に考えれば燃費に不利。実燃費を向上するVVT-i機構は搭載しているが、せめて10km/Lには到達したい
VALUE(バリュー)3/ 5
4LのV6エンジンと充実した安全装備を誇るオフロード4WDが300万円強で購入できるのは魅力的。ただこの車、後のカスタマイズの予算も考えるとベース車で300万円は切ってほしかった
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027