新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ラクティス/スバル トレジア【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ ラクティス/スバル トレジア【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/03/28)

広々快適! イマドキ家族のハイト系コンパクト!

  • トヨタ ラクティス/スバル トレジア 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ ラクティス/スバル トレジア インパネ|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

スポーティなハイトワゴン、これってあり!

全長4m未満のハイト系コンパクトであるラクティスも2代目へモデルチェンジ。注目はスバル(富士重工業)とのアライアンス(提携)によってこのラクティスがスバル側にOEM供給されたこと。スバル版ラクティスはトレジアという車名で販売されている。1.5L&1.3Lエンジン&CVT、FF&4WDの駆動方式は共通だ。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

1.5Lが正直欲しいところ

まず第一印象は1.5Lと1.3Lとの体感上の動力性能の差が縮まったということ。それでも4名乗車で走ると絶対加速より、交通の流れに乗る、といった日常での使い方で1.5L車の優位性を強く感じる。専用チューンのS&ユーロは、初期操舵時のフィーリングこそいいが“それだけ”という印象だ。
  • トヨタ ラクティス/スバル トレジア フロントシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ ラクティス/スバル トレジア パノラマルーフ|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

広さや使いやすさは高いレベル

旧型に比べ、全高が55㎜も低くなったので室内空間のゆとりが失われるのではないかと思っていたが、まったく問題はないと言っていい。それよ りも室内幅の拡大やリアシートの格納機構のほか、荷室が低い位置に設定されたことで荷物の出し入れがさらに楽になるなど使い勝手は非常に高いレベルだ。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

トヨタとスバルどちらを選ぶ?

この2台、エクステリアデザインを除けばほぼ共通と言っていい。となるとどちらを選ぶかは好みの世界である。ラクティスは旧型からのデザインを踏襲しているが、スバルはOEMとはいえ、まったくの新車種。で、個人的にはトレジアのほうが、結構いいと思う。押し出しの強さやインパクトがある。
SPECIFICATIONS
グレード 1.5G(ラクティス)
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3995×1695×1585
ホイールベース(mm) 2550
車両重量(kg) 1110
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1496
最高出力 80kW(108ps)/6000rpm
最大トルク 138N・m(14.1kg-m)/4400rpm
車両本体価格 144万5000円~195万8000円(ラクティス)
142万8000円~197万9250円(トレジア)
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価17/ 25
EQUIPMENT(装備)3/ 5
最近では非常に珍しいのがラクティスにCD付きオーディオが標準装備されている点。逆にトレジアは全グレードオプションとなっているのは考えの違いか? 試乗した1.5Gには6スピーカーも付く
SAFETY(安全性)2/ 5
キセノンヘッドランプはグレードによりメーカーオプション設定。安全装備のS-VSC+TRC(トラクションコントロール)の設定がSグレードのみということ。全グレードに拡大してほしい
ECO(環境性能)5/ 5
このクラスにおける昨今のトヨタ車の環境性能の高さに注目。全グレード平成17年度排出ガス基準は75%低減レベルで星4つ。平成22年度燃費基準もFF車は+25%(車いす仕様車は除く)を達成している
MILEAGE(燃費)4/ 5
FF車であれば、どの排気量でも10・15モード燃費は20km/Lを達成している。トレジアの1.5L(タイプユーロ)で300kmほど(うち60%を高速)走ったが実走燃費は17.8km/Lとかなりいい数値だ
VALUE(バリュー)3/ 5
コンパクトカーとしては安全装備が不足気味な点も考えるとやや割高感がある。ライバルはホンダフィットになるだろうが、ラクティスならでは、というインパクトに欠ける部分は否めない
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
新型CR-Vはブレーキのコントロール性が非常に良い! ラグジュアリーとスポーティを両立したモデル(2018/11/27)
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027