新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ロータス エヴォーラIPS / エヴォーラS【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ロータス エヴォーラIPS / エヴォーラS【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/07/08)

ATおよびハイパワー仕様を追加

  • ロータス エヴォーラ走り|ニューモデル試乗
  • ロータス エヴォーラサイド|ニューモデル試乗
↑「IPS」も「S」も基本デザインは共通だが、「S」にはリアスポーツディフューザーやスポーツシングルエキゾーストテールパイプなどからなる「スポーツパック」が標準装備される
ロータスの最上級エヴォーラに新しく2つのグレードが追加された。一つはIPS(インテリジェント・プレシジョン・シフト)と呼ばれるAT仕様。もう一つはハイパフォーマンス仕様のSである。

パワーユニットはどちらも従来同様のV型6気筒エンジンだが、Sにはスーパーチャージャーが装着され、最高出力が350psまで引き上げられている。IPSはモード可変式トルクコンバーター6速トランスミッションをもち、スポーツモードに切り替えるとシフトタイミングを高回転でキープ。ハンドルのパドルを使ってのマニュアル操作も可能だ。

Sはパワーアップに伴い、オイルクーラーの大型化をはじめ、足回りやブレーキなどすべてが見直されている。エクステリアでも差別化が図られており、リアスポーツディフューザーやシングルエクゾーストテールパイプ、ブラックミラー等を標準で装備する。
  • ロータス エヴォーラインパネ|ニューモデル試乗
  • ロータスエヴォーラシフト|ニューモデル試乗
↑ベーシックモデル同様、2+2の4人乗りと後席を取り払った2人乗りを用意する。価格はIPSが895.5万円(2人)と937.5万円(4人)、Sが1020.5万円(2人)と1062.5万円(4人)(左) IPSの6ATはパドルシフトで変速が可能。MTシフトが配置されていた場所には、走行モードのボタンが備わる。高めの回転数でシフトするスポーツボタンも装備した(右)

ハンドルを切った方向に進む。これはすごい!

今や希少なライトウエイト・ピュアスポーツカーの発展はうれしいかぎり。Sはまさにその真骨頂といえる。スポーツを楽しむにはジャストサイズのドライバーズシートに滑り込みイグニッションを回す。踏み込めばスーパーチャージャーの軽い吸気音が心地よい。

手応えのあるシフトをローに入れて走り始めると、あとはオンザレール感覚だ。箱根のワインディングでは3速に入れっ放しでOK。ややオーバースピードでコーナーに進入してもハンドルを切り足すだけでマジックのようにスムーズに走り抜けることができる。

IPSは正直Sほど高揚しないが、ピュアスポーツであることは明らか。スポーツモードで攻めればハンドル操作に集中できる分だけ面白い。高いサイドシルなど普段使いには面倒かもしれないが、峠道の走りだけで言えばあのドイツの本格スポーツを間違いなく凌ぐ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード IPS
全長×全幅×全高(mm) 4370×1850×1230
車両重量(kg)1450
エンジン種類V6 DOHC
総排気量(cc)3456
最高出力[ps/rpm]280/6400
最大トルク[Nm/rpm]350/4600
車両本体価格895.5~937.5万円
Tester/堀江史朗 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027