新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ロータス エヴォーラIPS / エヴォーラS【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ロータス エヴォーラIPS / エヴォーラS【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/07/08)

ATおよびハイパワー仕様を追加

  • ロータス エヴォーラ走り|ニューモデル試乗
  • ロータス エヴォーラサイド|ニューモデル試乗
↑「IPS」も「S」も基本デザインは共通だが、「S」にはリアスポーツディフューザーやスポーツシングルエキゾーストテールパイプなどからなる「スポーツパック」が標準装備される
ロータスの最上級エヴォーラに新しく2つのグレードが追加された。一つはIPS(インテリジェント・プレシジョン・シフト)と呼ばれるAT仕様。もう一つはハイパフォーマンス仕様のSである。

パワーユニットはどちらも従来同様のV型6気筒エンジンだが、Sにはスーパーチャージャーが装着され、最高出力が350psまで引き上げられている。IPSはモード可変式トルクコンバーター6速トランスミッションをもち、スポーツモードに切り替えるとシフトタイミングを高回転でキープ。ハンドルのパドルを使ってのマニュアル操作も可能だ。

Sはパワーアップに伴い、オイルクーラーの大型化をはじめ、足回りやブレーキなどすべてが見直されている。エクステリアでも差別化が図られており、リアスポーツディフューザーやシングルエクゾーストテールパイプ、ブラックミラー等を標準で装備する。
  • ロータス エヴォーラインパネ|ニューモデル試乗
  • ロータスエヴォーラシフト|ニューモデル試乗
↑ベーシックモデル同様、2+2の4人乗りと後席を取り払った2人乗りを用意する。価格はIPSが895.5万円(2人)と937.5万円(4人)、Sが1020.5万円(2人)と1062.5万円(4人)(左) IPSの6ATはパドルシフトで変速が可能。MTシフトが配置されていた場所には、走行モードのボタンが備わる。高めの回転数でシフトするスポーツボタンも装備した(右)

ハンドルを切った方向に進む。これはすごい!

今や希少なライトウエイト・ピュアスポーツカーの発展はうれしいかぎり。Sはまさにその真骨頂といえる。スポーツを楽しむにはジャストサイズのドライバーズシートに滑り込みイグニッションを回す。踏み込めばスーパーチャージャーの軽い吸気音が心地よい。

手応えのあるシフトをローに入れて走り始めると、あとはオンザレール感覚だ。箱根のワインディングでは3速に入れっ放しでOK。ややオーバースピードでコーナーに進入してもハンドルを切り足すだけでマジックのようにスムーズに走り抜けることができる。

IPSは正直Sほど高揚しないが、ピュアスポーツであることは明らか。スポーツモードで攻めればハンドル操作に集中できる分だけ面白い。高いサイドシルなど普段使いには面倒かもしれないが、峠道の走りだけで言えばあのドイツの本格スポーツを間違いなく凌ぐ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード IPS
全長×全幅×全高(mm) 4370×1850×1230
車両重量(kg)1450
エンジン種類V6 DOHC
総排気量(cc)3456
最高出力[ps/rpm]280/6400
最大トルク[Nm/rpm]350/4600
車両本体価格895.5~937.5万円
Tester/堀江史朗 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027