新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ【海外試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ【海外試乗】 / navi

(2011/07/15)

ロールバーを排除し、スタイリッシュ化

  • フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ リア|ニューモデル試乗
↑今年3月のジュネーブショーでお披露目された新型カブリオレ。ハッチバックより寝かせたAピラーや新設計のリアにより全高が低いデザインとなっている
1979年に初代モデル登場の元祖実用4シーターオープン。伝説のFFコンパクト、初代ゴルフをベースに、高いボディ剛性、堅牢な幌を持ち「世界で最も使えるオープンカー」として名を馳せた。

初代は10年以上、2代目と3代目は中身一緒でこれまた10年以上の長きにわたって作られたロングセラー。新型は「史上最高のゴルフ」(by VWウィンターコーン会長)こと現行ゴルフVIベースで、品質の高さは想像に難くないが最大のポイントはスタイル。ボディは全長4246×全幅1760×全高1430mmと、ベース車より40mm長いが65mmも低く、相当スポーティ。

象徴的なのは伝統の固定式ロールバーを取り去ったことで、代わりにポップアップ式ロールバーを完備。幌の電動開閉が約9秒と異様に速く、日本導入モデルは160馬力の直噴1.4Lの直4ツインチャージャー+7速DSGになる予定。
  • フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ シート|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ サイドスタイル|ニューモデル試乗
↑後席の後ろに横転時に0.01秒未満でロールバーを出して乗員を保護する、ロールオーバープロテクションを装備。Aピラーも強化されている(左)ソフトトップはオープンに9秒、クローズに11秒とライバルより速い。30km/h以下なら走行中でも開閉が可能。新開発のファブリックなどにより静粛性も向上した(右)

結構ナンパ風になっててビックリ

フロントウインドウはノーマルゴルフより寝ていて、幌を上げた時のリアから屋根のペッチャンコさったらない。布の部分が少なく、相当スタイリッシュ。逆に視覚的にはゴルフカブリオレらしさは 減ったなぁ…とは思う。

その点、ウインドウが立ったクラシカルなミニコンバチのほうがマニア心(オヤジ心?)を掴む気もする。走りとクオリティと実用性はさすがの一言。風の巻き込みは極端に少なく、ボディ補強が利いていてハンドリングはヘタするとノーマルより上質。このヘンはプジョーやルノーのCC系が束になっても敵わない。

トランクは真後ろから荷物を入れるのは面倒だが250Lと十分で機内持ち込み用トランクが縦に2つ入るのには参った。燃費も丁寧に走るとリッター15km/L近い。またまた4シーターオープンの新たな基準を打ち立てちゃった気がしますわ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ゴルフカブリオレ
全長×全幅×全高(mm) 4246×1760×1423
車両重量(kg)1503
エンジン種類直列4気筒 DOHCターボ
総排気量(cc)1390
最高出力[ps/rpm]160/5800
最大トルク[Nm/rpm]239/1500-4500
Tester/小沢コージ Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027