新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ルノー トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/07/29)

現代風ボーイズレーサーの降臨

  • ルノー トゥインゴ ゴルディーニ 走り|ニューモデル試乗
  • ルノー トゥインゴ ゴルディーニ リア|ニューモデル試乗
↑ルノー・スポールをベースに、ゴルディー二専用の2ホワイトストライプやブルーの17インチアロイホイール、ドアミラーカバー、白塗りのリアスポイラーを装着。シャーシはトゥインゴ ルノー・スポール(RS)がサーキット走行を前提とした“シャシーカップ”を採用しているのに対し、ゴルディー二RSではスポーツと快適性を考慮した“シャシースポール”としている
新たにルノートゥインゴのスポーツバージョンとして追加されたモデルには、往年の名レーサー、アメデ・ゴルディーニの名が冠されている。ボディカラーはオリジナルのブルーマルトのみ。また前後に貫かれる2本のストライプにはゴルディーニの「G」マークがキレイにちりばめられている。

この車は限定車ではないがシリアルナンバープレートがインストルメントパネル下に用意され、ステアリングホイールやシフトノブ、コラム上のタコメーターなど、随所にゴルディーニブルーを配したオリジナルパーツで飾られている。

195/40R17という扁平タイヤはボディと同色のホイールに見事にマッチする。エンジンは134psを発揮する1.6Lの直列4気筒。トランスミッションは5速マニュアルのみの設定。価格は245万円となる。
  • ルノー トゥインゴ ゴルディーニ エンジン|ニューモデル試乗
  • ルノー トゥインゴ ゴルディーニ インパネ|ニューモデル試乗
↑トゥインゴRSと同じ最高出力134ps/6750rpm、最大トルク16.3kg-m/4400rpmを発生させる1.6&5速MTを搭載(左) インテリアにはゴルディー二専用の2本のホワイトストライプをステアリングに、タコメーターやシフトノブブーツ、ドアパネルなどにゴルディー二ブルーの彩色が施される。さらにカタログモデルとしながらもGORDINIロゴやシリアルプレートをシフトノブに装着(右)

街中から高速まで自在な走りが楽しめる

このゴルディーニの最大のアピールポイントはキビキビとした走りである。昨今、衝突安全対策やパッケージ重視のボディ大型化で、いわゆる「走って楽しいコンパクトカー」を見つけることが困難になってきているが、この車の走りは速度域においてもストレスを感じることはまったくない。

快活な走りを支えている大きな要因として、独特のサスペンションセッティングが挙げられる。これは「シャシースポール」と呼ばれるもので、ガチガチのサーキット仕様というよりは一般道走行も考えられた奥の深さが魅力。さすがに扁平率40のタイヤにとって粗い路面の突き上げは厳しいものの、高速域においては快適ですらある。

唯一と言っていいリクエストは6速の用意。トルクの太いパワーユニットだけに、100km/h走行で3200rpmという回転数はややもったいない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ゴルディーニ ルノー・スポール
全長×全幅×全高(mm) 3610×1690×1460
車両重量(kg)1120
エンジン種類直列4気筒 DOHC
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]134/6750
最大トルク[Nm/rpm]160/4400
Tester/堀江史朗 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027